SoraDanChi

ママライターがお役立ち情報をご紹介しているブログ

夏の赤ちゃんの授乳を快適にする汗・暑さ対策7選

time 2017/05/16

夏場の授乳は、ママにとっても赤ちゃんにとっても暑くて仕方のない、汗だくの時間です。
いくらエアコンを使っているとはいえ、ぴったりお互いが密着しているのですから、暑いのは当たり前ですね。

なんとかしてこの暑い授乳時間をもっと快適にしたい!

そんな時のお役立ち対策をご紹介します。

夏の赤ちゃんの授乳を快適にする汗・暑さ対策グッズ

・保冷剤や保冷枕とタオルを活用しましょう

最近は保冷剤が入る授乳用のアームカバーも販売されているそうですが、家に保冷剤や保冷枕がある場合、フェイスタオルなどで巻いて温度を調節したものを授乳の際に使ってみましょう。冷やしすぎには注意してくださいね。

赤ちゃんもママもひんやりして快適ですし、赤ちゃんが眠ったらそのまま枕替わりにして布団で寝かせられます。

また、タオルを巻いているので気兼ねなく洗濯できるのもいいところです。

 

・い草のマットで添い乳をしてみましょう

赤ちゃんの首が座ったら、添い乳がオススメです。(添い乳とは、ママと赤ちゃんが向かい合って寝た状態で授乳する方法です。)

起きた状態で授乳するよりも赤ちゃんと密着する部分が少ないので暑さが軽減されますし、ママの体力の消耗が断然少ないです。一緒にそのまま寝ても問題ありませんし、むしろママの体力回復にもなります。

また、布団に寝て添い乳するのもよいのですが、い草マットに寝てみるのもいいですよ!ベビー用のい草マットも販売されています。

い草のよいところは、

・触れるとひんやりして気持ちいい
・吸湿効果が高く、汗による湿気も吸い取ってくれる
・悪臭や有害物質を吸収してくれる
・香りには癒しの効果がある

などがあります。

 

湿気を吸収しやすい反面、時々乾かさないと虫がわいたりカビたりしますし、ずっと使っていると表面が毛羽だってきたりしますが、快適さを求めるならぜひおすすめしたいです。

(注意!)
新生児でも添い乳が不可能というわけではありませんが、ママが寝がえりをした時に赤ちゃんを押しつぶしてしまうのではないかとか、赤ちゃんがげっぷできないと困るなど、不安がある場合は起きた状態での授乳をおすすめします。

 

・着るものを工夫してみましょう

最近では夏でも快適に授乳できる服が売られています。以前に比べ、種類も増えてお好みのものが選べるようになってきたと思います。

もし気に入ったデザインがない、あるいは授乳期間が終われば着なくなる可能性もあるので買うのはちょっと…などとお考えの方がいれば、普段の衣服をうまく利用する方法もあります。

ゆったりめのTシャツ、前がV字に重なっているカシュクール、前ボタンの麻素材のシャツなど、夏でも比較的涼しく授乳ができ、授乳期間が終わっても着られる服はたくさんありますよ。

ただし、シミ汚れが目立つ白っぽいものはおすすめしません。ご注意ください。

 

夏の赤ちゃんの授乳を快適にする汗・暑さの工夫

さきほどは、保冷剤や添い乳、衣服などの物理的な面での授乳の工夫でしたが、ママ自身が夏の授乳についてマイナスなイメージを持たずに、快適に感じられることが大切ではないでしょうか。

 

・涼やかな音を取り入れる

ジジジ…とセミの鳴き声が聞こえると、余計に暑く感じることはありませんか?

涼し気な音の風鈴やウインドチャイムを窓にぶら下げるだけでも気分的に涼しさを味わえます。

BGMに川のせせらぎ、小鳥のさえずり、波の音、クラシックなどの穏やかな音楽を流すのも穏やかで涼し気な気持ちになれます。

 

・授乳時間中は冷たいものを飲む(冷えすぎに注意!)

授乳しているママは冷たいものを飲まないようにというアドバイスもよく見かけますが、夏場の授乳はあまりにも暑いです。授乳時間くらいは冷蔵庫で冷やした飲み物を飲んで体感温度を下げてもいいのではないでしょうか。

スポーツドリンクなど、熱中症対策にもなる飲み物はおすすめです。また、ルイボスティーやジャスミンティー、アールグレイなどもリラックスできていいですよ。

 

・香りで涼しさを演出する

リードディフューザー、アロマスプレー、エアーフレッシュナーなどを使って、さわやかな香りによって体感温度を下げる方法もあります。

赤ちゃんでも安心な製品もありますし、逆に赤ちゃんや妊産婦にはおすすめできない香り(ミントなど)もありますので選ぶ際には気をつけてみてください。

 

・授乳する空間だけでもきれいに片付けてみる。

赤ちゃんがいる間はなかなか掃除や片付けが行き届かないものですが、あまりに室内が乱雑だとかえってイライラしたり蒸し暑く感じたりします。

毎日、気が付いた時だけ、5分間くらいで手短に、などと決めて手が空いた時にちょこちょこと不要なものを捨てたり整理したりするだけで、かなり快適な空間になります。整理された快適な空間は、気分も落ち着いて涼やかになります。

 

おわりに

いかがでしたか?

夏場の授乳タイムは赤ちゃんもママも汗びっしょりで大変なものと思う方はたくさんいらっしゃると思いますが、「楽しいもの」「心地よいもの」に変えられるといいですよね。

涼しく快適に過ごせる工夫をして、赤ちゃんと一緒に元気に暑い夏を乗り切ってくださいね!

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!