SoraDanChi

ママライターがお役立ち情報をご紹介しているブログ

七夕の行事食の由来は?おすすめのレシピと飾り付け

time 2017/05/04

7月7日は七夕の日ですが、毎年どのように過ごしていますか?
七夕は【短冊に願いを込めて書けば望みが叶う】ということで、由来などについて深く考えたことはないかもしれません。

でも、毎年のイベントである七夕なので、子供にも話せるようになっておくと、より楽しめますよ。

というわけで、七夕の行事食と飾り付けの由来をご紹介します。

七夕の行事食の由来は?

まず、七夕はどのようにして始まったのでしょうか。

その起源には数多く説がありますが、

(1)もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)」と
(2)おりひめとひこぼしの伝説と
(3)奈良時代に中国から伝来した「
乞巧奠(きこうでん)

という行事があわさったものと言われています。

引用:http://www.jishujinja.or.jp/tanabata/yurai/

起源には諸説あるようですが、現在は重要な節句を表す五節句の一つに数えられる行事の一つとして知られています。

7月7日に短冊に願いを書き織り姫と彦星にお願いする、というのは子供の頃に一度は経験したのではないのでしょうか。

 

七夕の行事食であるそうめんはいつから?

七夕の行事食で知られているのが、「そうめん」です。
そうめんが食べられるようになったのは、一体いつからでしょうか。

醍醐天皇の時代に宮中の儀式・作法等を集大成した「延喜式(927年)」がある。

その「延喜式」によると「そうめん」の原型といわれる「索餅」(さくへい)が、旧暦7月7日の七タの儀式に供え物の一つとして供えられたと記述してある。

引用:http://www.kanmen.com/topic/02_soumen.html

そうめんは、古くから七夕の行事に欠かせないものとされていました。

 

「そうめん」を糸にみたて「芸事(機織)が上手になるよう」

小麦は毒を消すといった言い伝えから「健康を願い」

また、年一度の彦星と織姫のデートにあやかって「恋の成就を願い」行事食である「そうめん」を食べたという・・説もある。

引用:http://www.kanmen.com/topic/02_soumen.html

食べられるようになった所以は諸説あるようですが、様々な願いを込めてそうめんが食べられてきたようです。

 

七夕の行事食でのおすすめレシピ

七夕祭りにぴったりなレシピをご紹介します。

■七夕そうめん

材料 (一束分)

そうめん  1束
ハム  3枚
人参  1本弱
きゅうり  1本
パプリカ  少々
トマト  1/2個
万能ねぎ   少々

 

 

1.そうめんはたっぷりのお湯で標準時間通り茹でます

2.茹でたら冷水でじゃぶじゃぶそうめんを洗います

3.人参、きゅうりをピーラーでスライスし、水につけときます

4.ハム、人参を星型に切り抜きます

5.トマトを半分にきりスライスします

6.パプリカを小さめに角切り、万能ねぎを切ります

7.そうめんを一口サイズにまるめて、お野菜、ハムを飾ります。水にさらした人参は立体感が出ますよ♪

8.気になるのが型抜きで余った食材たち…

9.こちらで一品料理!再利用♪

星くずの巣ごもり。ロマンチックですな…

引用:https://cookpad.com/recipe/3951496

シンプルなそうめんですが、かわいらしい盛りつけにすれば、お子さんも喜びそうですね。

 

■七夕のお菓子【索餅(さくべい)】

材料 (2~3人分)

米粉  100g
小麦粉(薄力粉)  100g
塩  小さじ2
水  100ml前後
砂糖  適量

1.米粉・小麦粉・塩に水を少しずつ入れてこねる。

2.ひたすらこねて丸める。少し寝かしてもok

3.20gくらいに分ける。

4.長細く伸ばし、真ん中を持ってコヨリのようにクネクネにする。

5.完成。20gに分けた時に、ゴマとか青のりとか気になるものを混ぜて練って整形しておく。

6.多めの油を敷いたフライパンで両面こんがりと焼く。揚げ焼くって感じ。

7.両面キツネ色になったら皿にあけ、上から砂糖をかけまわして完成。

8.七夕の際にはお供え物にした後に食べてネ~

引用:https://cookpad.com/recipe/1180586

そうめんの原型となった索餅で、伝統的な七夕を楽しむのも良いでしょう。

 

■カルピスとラムネ風の☆七夕ゼリー☆

材料 (デザートカップ4,5個)

フルーツ缶詰  好きなだけ
サイダー  お好きな量

■ カルピスゼリー部分
カルピス  250cc
粉ゼラチン  5g
水(ゼラチン用)  大さじ1

■ ラムネゼリー部分
ブルーハワイ(かき氷シロップ)4倍濃縮  100cc
水  180cc
粉ゼラチン  5g
水(ゼラチン用)  大さじ1

 

1.カルピスゼリー部分作成。ゼラチンに水を入れふやかす。

2.鍋にカルピスを入れ、完全に沸騰したら火を止めて1を入れ、溶かして荒熱を取り容器に入れる。

3.※型抜きをする場合は、少しだけ別容器に入れる。

くっ付いて取り出しにくくなることがあるのでラップとか敷くのおすすめします

4.ラムネゼリー部分作成。

ゼラチンに水を入れふやかす。

5.ブルーハワイと水を鍋に入れ、完全に沸騰したら火を止め4を入れ溶かし荒熱を取り、タッパーやボールに移す。

6.3と5を冷蔵庫に入れ約2時間しっかり冷やす。

7.固まった5をクラッシュさせ、2の容器にのせる。缶詰のフルーツをのせる。

8.3の型抜き用に作ったカルピスゼリーを型抜きしてのせて、最後にサイダーをお好みで入れ完成

引用:https://cookpad.com/recipe/3949783

星形の飾り付けをしたかわいらしいデザートは、七夕の食卓を盛り上げてくれますね。

 

七夕パーティで行事食!おすすめの飾り付け

七夕飾りは短冊が有名ですが、七夕飾りにはどのような願いが込められているのでしょうか。

折鶴(千羽鶴)

長寿を表す鶴を折り紙で折り、長生きできるように願います。

吹き流し

吹き流しは、織姫に供えた織り糸を表しています。紙風船やくす玉に五色のテープを貼り付けたものです。折り紙を輪にし、等間隔に切れ込みを入れて作る場合もあります。織姫にちなみ、裁縫が上達するように願います。

網飾り

網飾りは魚を捕る漁網(ぎょもう)を表し、大漁を願います。

財布(巾着)

折り紙を財布や巾着の形に折って飾ります。また、本物の財布を下げることもあります。金運の上昇を願います。

神衣・紙衣(かみこ)

神衣・紙衣(かみこ)は、紙で作った人形、もしくは着物を飾ったものです。裁縫が上達し、着るものに困らないように願います。人形に災いや穢れの身代わりになってもらう意味もあります。

くずかご

七夕飾りを作るときに出た紙くずを、折り紙で折ったかごに入れてつるします。整理整頓や倹約の心を育む意味があります。

短冊

五色の短冊に願い事を書いて飾ります。七夕はもともと機織りや裁縫の上達を願う行事のため、物が欲しいという願い事ではなく手習い事の上達を願う方が良いとされています。

引用:http://www.hibiyakadan.com/lifestyle/z_0048/

また、短冊は奈良時代に五色の糸を星に供えていた習慣から始まり、後に五色の短冊は使われるようになりました。この五色「赤・青・白・黄・黒(紫)」の飾り付けをする事により、魔除けの意味を持たせていました。

古くからある願いの込められている飾り付けを、お子さんに由来をお話をしながら手作りをするのも良いですね。

その他にも・・・

参考:http://item.rakuten.co.jp/koubou-hokujyu/10000351/

星形の飾り

参考:http://item.rakuten.co.jp/popgallery/ta2-1152/

伝統的な七夕飾りも良いですが、もう一手間加えると華やかになりますね。

 

終わりに

七夕の行事食であるそうめんですが、その由来を知った上で食すとまた違った味わいがすることでしょう。

家族の健康を祈り、織姫と彦星が会えるよう願いながら、七夕を過ごしてみてはいかがでしょうか。

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!