ママブログ

ママ視点で子育ての体験談や、気になる情報を発信しているブログです

バーベキューにキャンプ!使えるファミリーテントの選び方

time 2017/04/17

キャンプやバーベキューで使えるテント。
実はテントでも、スタイルによって選び方が変わるんです。
王道のテントからタープ、居住性の高いツールームテントや個性的なトンガリ型まで。

ロッジ型、ドーム型など、あらゆるテントブランド会社で、ファミリーテントが発売されています。

何を基準にどう選んだらいいのか、その指針となるテントの基本をご紹介します。

バーベキューにキャンプで!ファミリーテントの選び方:トンガリ型テント

中央にポールを立て、周囲をペグで固定して設営するトンガリ型テントは、よく昔のアニメなどで描かれていたので想像しやすいかもしれません。

ティピー型:北米・北欧先住民族が使っていたとされ、とんがり頭が特徴的です。
ベル型:地面から立ち上がり部分があり空間が広くなっています。

取りはずし式のフロアやインナーテントが別になったモデルも多く、土間のように使えるのも特徴です。

シンプルで個性的なシルエットなのでオシャレな雰囲気になります。

士間での使用も可能だし、雨の日の換気もOKで、機能性バッチリです。

テンマクデザイン CIRCUS TC
tent-Mark DESIGNS   86,184円

 

バーベキューにキャンプで!ファミリーテントの選び方:ツールームテント

ツールームテントとは、スクリーンタープにインナーテントを一体化させたタイプのものです。

リビングとひと続きになった継ぎ目のない広々空間で、快適に過ごすことができます。
虫も防げて、雨が降っても気にならないし、眠くなったらすぐテントに潜り込むことができます。

スポンサーリンク

私のように小さな子供がいる家庭や、テントの中で長期連泊を考えているファミリーにはおすすめです。

スノーピーク
ランドロック 定価:171,720円
力レージにもなるオールインワンシェルター。

 

バーベキューにキャンプで!ファミリーテントの選び方:テント&タープ

もっともスタンダードなキャンプスタイルなのが、テントとタープを組み合わせたものです。

設置するスペースに合わせて、タープを自在にレイアウトできるのが利点です。
夏のキャンプが主流ならスクリーンタープを組み合わせるのも良いですよね。
テントは小屋のようなロッジ型もありますが、設営しやすいドーム型がいまの主流のようです。

コールマン
ウインズライトテントターブセット 定価:48,600円

バーベキューにキャンプで!ファミリーテントを選ぶ注意点

テントには、メーカーが定めた定員が表示されています。
ただ注意しないといけないのが、荷物のスペース分が含まれていないこと!
家族4人で使うなら、定員5名と表示されているモデルを購入することをおすすめします。
ファミリーテントの目安としては、幅70cm、長さ2m20cmのテントが快適に過ごすことができるサイズです。

 

まとめ

シチュエーションを考えて、どんなキャンプにしたいか、先に考えてテントを購入するのが◎。

安い買い物ではないので、しっかり考えて選んでみましょうね。

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!