ママブログ

ママ視点で子育ての体験談や、気になる情報を発信しているブログです

ドイツローテンブルク観光の見どころをご紹介!撮影スポットやアクセスも教えます

time 2018/05/18

煉瓦色の屋根が特徴的なドイツのローテンブルクは、中世の都市の姿を完全に今日に伝えている美しい古都です。

ローテンブルクは一度は地方都市に押し下げられ、しばらくの間忘れ去られていました。

しかしながら19世紀後半からその美しさが再び賞賛されるようになります。

第二次世界大戦時の空爆で街は大きな被害を受けましたが、それもほぼ完全に修復され、現在では日本人にも大人気の観光スポットとして知られています。

今回の記事では、ドイツの古都ローテンブルクをご紹介します。

スポンサーリンク

ドイツローテンブルクの大人気撮影スポット!市庁舎の塔のてっぺんから街並みを眺めよう

ローテンブルクの一番の見どころは、市庁舎です。市庁舎の建物は正面はルネサンス様式、破風造りの部分はゴシック様式であり、南ドイツでで最も美しい建物の一つと言われています。

市庁舎の塔の上は展望台になっています。193段の階段を登らなければならないので少し根気が必要になりますが、塔の上は写真撮影の定番スポットです。ポストカードやガイドブックなどでよく見られるローテンブルクの写真はここからの風景なんですね。

記念撮影に、またSNSにアップするためにここからぜひ撮影をどうぞ。

また、筆者個人的には、通りを歩きながら家々の写真を撮ることもおすすめです。ローテンブルクの家々の外壁やお店のショーウィンドーはとても可愛いので、メルヘンな写真が撮れること請け合いです。

 

ドイツローテンブルク観光の他の見どころは?

ローテンブルクには他にもたくさんの見どころがあります。次の見どころは、市庁舎の横にある市参事会宴会場のからくり時計です。このからくり時計では、人形がジョッキをあけるといった風変わりなものです。

ドイツだからビールのジョッキをあけるからくり時計なのかと思いますよね?実はそうではありません。

この街では昔、徹底的な破壊の危機にありました。そのとき、攻撃軍の将軍が出した条件が3リットルのワインを一気飲みできる人間がいれば街を救おうというものでした。

そこで市長が大ジョッキでワインを一気飲みし、街を救ったという言い伝えがあるのです。からくり時計のジョッキの中身はワインだったんですね。

スポンサーリンク

さらに、聖ヤコブ教会も欠かすことのできない観光スポットです。

聖ヤコブ教会の見どころはその教会内部にあります。階上ロフトに置かれているのが、「聖血の祭壇」と呼ばれる巨匠リーメンシュナイダーの祭壇。多くの人はこの祭壇を目当てに教会を訪れます。

意外と人気がありまた忘れがちなのが、街を囲んでいる城壁巡りです。ただ、城壁巡りには一時間以上かかるので、余裕を持って巡るのがおすすめです。

 

ドイツローテンブルクへのアクセスは?

ドイツの玄関口フランクフルトからローテンブルクへは、列車の乗り継ぎがうまくいけば、2時間半〜3時間くらいで到着します。

フランクフルトからローテンブルクへの最短ルートは、次の通りです。

フランクフルト中央駅 (Frankfurt Hbf) →ヴュルツブルク中央駅 (Wuerzburg Hbf) →シュタイナッハ駅 (Steinach Hbf) →ローテンブルク中央駅 (Rothenburg ob der Tauber Hbf)

しかしながら、便によっては他の駅も経由する必要があります。

最近はGoogleを使うと世界中どこでも乗り換え案内を検索できるので、ぜひ活用してみてください。

バイエルン州の州都ミュンヘンからローテンブルクへも最短2時間半〜3時間ほどで到着します。

ミュンヘンからローテンブルクまでの道のりは次の通りです。

ミュンヘン中央駅 (Muenchen Hbf) →ニュールンベルグ中央駅 (Nuernberg Hbf) → アンスバッハ駅 (Ansbach) →シュタイナッハ駅 (Steinach Hbf) →ローテンブルク中央駅 (Rothenburg ob der Tauber Hbf)

この他にも、フランクフルトからと同様ミュンヘンからもヴュルツブルグ中央駅を経由するルートもあります。

ローテンブルク中央駅からローテンブルクの街までは歩いてすぐです。

 

おわりに

今回の記事では、ドイツバイエルン州の人気観光地・メルヘンな雰囲気の漂う中世の街並みが見られるローテンブルクをご紹介しました。

ローテンブルクはフランクフルト及びミュンヘンから往復で6時間ほどのところにあり、どちらからも日帰り可能です。

しかし、ドイツの列車はしばしば遅延し、ひどいときは一時間くらい遅れることもあります。

日帰りを計画する場合は余裕を持ったプランがおすすめです。

ローテンブルク
https://tourismus.rothenburg.de/index.php?id=1050

スポンサーリンク

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!