ママブログ

ママ視点で子育ての体験談や、気になる情報を発信しているブログです

子供の日は親子で工作!簡単な手作り兜の作り方は?【新聞紙編】

time 2018/02/16

子供の日にかぶとを飾る理由をご存じでしょうか?

ご存じのように、武士にとって鎧や兜は戦の時に自分の身を守るための大切な物でした。

そこから「男の子を災害や事故、病気などから守ってほしい」との願いをこめて、子供の日にかぶと(に似せた飾り物)を飾るようになったそうです。

立派な五月人形を飾るおうちもたくさんあると思いますが、元気に育ってほしいとの願いをこめて、お子さんがかぶる新聞紙かぶとを作ってみませんか?男の子はすごく喜びますよ!

ちょっと手を加えてカッコイイ「戦国武将」になりきりましょう☆

スポンサーリンク

子供の日には簡単な手作り兜を工作!まずは新聞紙でベースのかぶとを折りましょう!

最初にベースとなるかぶとを新聞紙で折りましょう。

正方形で作りますので、新聞紙を正方形に切ったものを用意してから折ってくださいね♪

 

子供の日に兜で戦国武将になりきろう!人気ランキング紹介

かつて一般社団法人日本人形協会(http://www.ningyo-kyokai.or.jp/)が実施した調査に、こういうものがありました。

こんなランキングがあるんですねぇ(- -;) 初めて発見した時はオドロキでした。

五月人形を買う時はご当地の武将を選ぶというケースがもちろん多いと思うのですが、その武将にあやかりたいという思いをこめて購入されるケースもあるんですね!

それでは、このランキングを参考にしつつ、新聞紙の折り紙かぶとをベースに戦国武将のかぶとを作ってみましょう♪

 

子供の日の兜工作、新聞紙折り紙に手を加れば憧れの戦国武将に!

憧れの戦国武将のかぶとに変身するために用意するのは、以下のとおりです。

・段ボール
・色画用紙または折り紙
・はさみ、のり
・両面テープ

 

派手にしたいのであれば、金色や銀色の折り紙を用意してください。100円ショップで金銀のみの折り紙もありますよ☆(でも、銀はアルミホイルで十分です)

以下、人気なことに加えてかぶとが特徴的な武将のかぶとを作ってみました!

 

情に厚く軍事戦術に長けた天才武将、上杉謙信

日輪弦月の前立が特徴的ですね。一番手軽にできてしまいました。

真ん中の月は本当は穴があいているのですが、面倒なので丸く切った段ボールをアルミホイルでくるんで、その上に小さめの折り紙の黒丸をずらして貼り付けました。

背景に黒い長方形が張り付けてあるのは、これがないと真ん中の月が目玉のように見えるからです(^^;)

あるのとないのとではちょっと違います。

ちなみに、長い三日月は金色折り紙1枚分です。三日月形に切った段ボールに貼り付けましょう。

 

戦略家で頭脳明晰な独眼竜武将、伊達政宗

大きな三日月の前立が上杉謙信と似ていますので、左右に簡単な小縁(こべり)をつけました。黒い正方形に白い〇をお花のように並べましょう。

かぶる時は、ぜひ「独眼竜」用の黒い眼帯を作ってあげてください(笑) 丸く切った黒画用紙に、黒い平ゴムを通すだけです。100円ショップでそろいます。

 

苦難の末に徳川幕府の礎を作った武将、徳川家康

スポンサーリンク

前立ては、大きな円を半分に折り曲げて作りましょう。これはシダの葉っぱらしいのですが、一枚一枚描くと大変ですので、写真のように簡略化すると楽です。

獅噛(しかみ:獅子の部分)も紙を二つ折りにして下書きをして、簡単に作ってください。あまり難しく考えずに!目の部分は前立てで余った金色の切れ端を三角に切って貼っただけです。

 

信長や家康にも勝利した圧倒的強さの武将、武田信玄

前立の角は、半分に折った段ボールに下書きをしてから切り抜くと簡単です。獅噛(しかみ)も先ほどの家康のかぶと同様、簡単に作ってください☆

武田家の家紋「武田菱」をつけると「おっ、信玄!」となります。

白の荷物紐をフサフサとカツラのように作って貼り付けると、さらにリアルになりますね!

 

家康をもギリギリまで追い詰めた知将、真田幸村

大河ドラマ「真田丸」でもうおなじみですね。

家紋の「六文銭」に赤い兜がトレードマークです。赤がベースのかぶとですが、ここでは簡単に角を赤くしましょう。

鹿の角を段ボールに下書きして切り、さらにそれを型紙にして反対側の角を写しましょう。左右対称にするのを忘れずに!

昔のお金のような形を6つ用意して、真ん中に貼り付けましょう。(丸い形を切って、真ん中に黒い正方形を貼り付ければいいだけです)

 

子供の日の戦国武将かぶと、作り方のポイントは?

色画用紙を貼り付ける時のポイントですが、切り抜いた段ボールにのりをつけて画用紙の上に置き、形に沿って切ります。案外早くできますよ。

 

カーブが気にならないものであれば、色画用紙や折り紙をざっくりと大きめに切って、段ボールをくるんでのりづけするという方法もあります。こっちの方がしあがりがきれいですね。

 

新聞紙かぶとに各パーツを貼り付ける時は、両面テープが便利です。粘着力もあり、手軽に使えます。

 

子供の日の戦国武将かぶと、男子にかぶせてみるとどうなった?

さて、この戦国武将かぶとを我が家の男子2人(小学3年生と5歳)にかぶせてみました。すると予想通りあの言葉が。

『チャンバラごっこやろうぜ!!』(- -;)

 

5つかぶとを作りましたので、女子たちも「私もかぶる!」とやってきて、みんなで誰がどれをかぶるかでワイワイにぎやかにやってました。男女問わず人気なようです☆ 金色でキラキラなのも女子の興味をひいたみたいです。

 

後になって、小3のおにいちゃんが急に「どれがどの武将のかぶとか?」ということに興味を持ちだして、

「お金が6つついてるのがさなだまるで…」(→「真田丸」は人名ではないですよ~)

「お月様に丸がついてるのがうえすぎけんしんで…」

「ひし形ついてるのがしんげんで…」

とブツブツ言いながら覚えようとしていました!

こういうのをきっかけにして、歴史に興味を持ってもらえると親としては嬉しいですよね☆

 

おわりに

いかがでしたか?

ただ新聞紙でかぶとを作るのもいいですが、我が子に「忍耐強く、最後には花を咲かせてほしい」「勇猛で頭脳明晰な人になってほしい」「人の心をつかんで上に立つ人になってほしい」など、さまざまな願いをこめながら手を加えて戦国武将仕様にしてみても、必ずいい思い出になりますよ!

ぜひかぶとをかぶったお子さんと一緒に記念写真を撮ってみてくださいね(*^^*)

スポンサーリンク

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!