ママブログ

ママ視点で子育ての体験談や、気になる情報を発信しているブログです

淡路島 子供は入館料無料で嬉しい!雨の日でも楽しい奇跡の星の植物館!

time 2017/12/31

神戸と徳島の間にある兵庫県淡路島。

神戸淡路鳴門自動車の中間地点にあるこの島ですが、高速道路で素通りしてしまうという方も多いのではないでしょうか。

しかし、自然豊かな淡路島には実は素敵な観光スポットがたくさんあるんです。

今回の記事では、雨の日でも子供と一緒に楽しめる【奇跡の星の植物館】をご紹介します。高校生以下の入館料は料金が無料なので、お財布にも嬉しいですね。

スポンサーリンク

淡路島 雨でも楽しい!子供と観光できる奇跡の星の植物館

兵庫県立淡路夢舞台温室奇跡の星の植物館は、壊された自然を人の手によってよみがえらせるというコンセプトから生まれた複合文化リゾート施設「淡路夢舞台」の施設の中にあります。

奇跡の星の植物館はなんと年間で約3千種3万株もの植物が見られる、感動空間創造実験型植物館です。

植物館には2つのコンセプトがあります。それは、花・緑を体感する「五感」と花・緑との「共生」。

巨大な直方体の展示室では、この2つのコンセプトに沿って植物が展示されています。

 

淡路島 雨の日に子供と楽しむ!奇跡の星の植物館での鑑賞ポイント

それでは上記2つのコンセプトに沿った展示内容をもう少し詳しくご紹介します。

最初に紹介したコンセプトである「五感」には4つのテーマがあり、それぞれのテーマに沿って植物がコレクションされています。

4つのテーマとは、多肉植物で構成された「プランツギャラリー」、色鮮やかな熱帯植物の茂る「トロピカルガーデン」、光や水などとコラボレーションした「癒しの庭」そして花と人々との交流スペースである「フラワーショースペース」。

また、2つ目のコンセプトである「共生」にも4つのテーマに基づいて展示されています。

日本の伝統的な庭園文化を紹介する「花と緑のある暮らし」、コンクリートの建築の緑化をテーマにした「アトリウム」、人工的な環境下で生育可能な耐陰性植物をコレクションした「シダルーム」そして商業空間の緑化を提案する「バルコニー」。

それぞれのテーマを感じながら鑑賞をお楽しみください。

スポンサーリンク

この他にも特別展示室では、植物の宝庫として知られる雲南省の植物が展示されています。また館内には、バラの歴史も学べるローズガーデンもあり、様々な種類のバラがコレクションされています。

 

淡路島 奇跡の星の植物館の入館料金&開館時間

奇跡の星の植物館の入館料金は大人600円、明石海峡公園とセットになったセット券は810円です。特別展開催時は入館料金が変わり、大人1500円となっています。

高校生以下は無料。70歳以上の方は300円、セット券は510円、特別展は750円です。65~70歳の方はセット券のみ割引になり770円で購入できます。

開館時間は10:00~18:00で最終受付は17:30となります。8月と12月には開館時間が延長される日もあります。

毎週の休館日はありませんが、7月、11月の植え替え週の木曜日は休館、またイベントの準備のため休館になりますので、お出かけの前にはホームページでのチェックをオススメします。

兵庫県立淡路夢舞台温室奇跡の星の植物館休館日情報
http://www.kisekinohoshi.jp/archives/3480

 

淡路島 奇跡の星の植物館へのアクセスや駐車場

奇跡の星の植物館へのアクセスですが、車を利用する場合は淡路JCTから下道を5分ほど走行すると到着します。

専用駐車場はありませんので、ウェスティン淡路地下駐車場を利用すると便利です。駐車料金は500円です。

奇跡の星の植物館へは、公共交通機関でもアクセス可能です。神戸方面からの高速バスを利用する場合は淡路夢舞台で下車します。

また、淡路ICや東浦ICからはタクシーで10分ほどで到着します。

 

おわりに

今回の記事では兵庫淡路島の奇跡の星の植物館をご紹介しました。

淡路島には奇跡の星の植物館の他にも、花がいっぱいの自然が満喫できる場所がたくさんあります。神戸や徳島に来られる際はぜひ淡路島にもお立ち寄りくださいね。

兵庫県立淡路夢舞台温室奇跡の星の植物館
http://www.kisekinohoshi.jp/
電話番号:0799-74-1200
住所:兵庫県淡路市夢舞台4番地

スポンサーリンク

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!