ママブログ

ママ視点で子育ての体験談や、気になる情報を発信しているブログです

田中ウィメンズクリニックで出産した費用実録!完全無痛分娩の体験談

time 2017/11/02

田中ウィメンズクリニック実録体験談

東京都世田谷区にある、田中ウィメンズクリニック。
自由が丘駅から徒歩6分ほどの場所にある、人気の産婦人科です。

なぜ人気かというと、完全無痛分娩を行っていて、陣痛の痛み、出産時の痛みをほとんど感じないからです。そして、入院時の豪華な食事も人気の理由です。

ここでは、私が実際に出産した費用を載せていますので、これから生む方の参考になればと思います。

田中での出産は、本当に痛みがなくてラクラクで、入院時の食事は毎回美味しかったし、助産師さんは優しいしで、とても良い出産体験をすることができました。

完全無痛分娩 、最高です。

ただし・・・自己負担費用が高額です!

無痛分娩を考えている方は必ず貯金をしておきましょう^^;
大金が飛んでいきます。覚悟しておいてくださいね。

それでは、田中ウィメンズクリニックでかかった費用を書き出していきます。
こちらは、2016年~2017年にかけてのものになります。

田中ウィメンズクリニックの費用実録!自費で100万円は用意すべし!

田中ウィメンズクリニックでかかった費用を時系列で書き出してみました。
ちなみに私は、このときは目黒区民でした。目黒区の補助券を利用しています。

田中に限らず、どこの病院でも大体そうだと思いますが、キャッシュオンリーです。

そして、田中では、自前で用意しているマタニティ運動ができるハイハットスタジオというものがあり、そこで運動するように推奨しています。

私は、そのスタジオには可能な限り通い、仕事を辞めてからは週4ぐらいで通いました。今回は、その費用は入れていません。

あくまで、診察の時に支払った費用として書いています。

私の身長は160cmです(*^^*)
週数と体重も書いているので、参考にしてみてくださいね。

 

【妊娠5週】体重50kg
検査料 29,700円
検診料 10,000円

初診予約の電話で、田中で産むつもりがあるのか確認がありました。
最終月経日から計算し、仮の出産予定日を電話で計算して出産仮予約を取りました。

 

【妊娠7週】体重50.5kg
検査料 13,180円
検診料 9,500円
病理診断料 6,000円

初めてのエコー(超音波検査)を受診。
ものすっごく小さなミジンコみたいな点がありました。
ここで、初診のときに検査した結果を渡されました。

病気がないかの確認ですが、私は何も問題なかったので、田中で出産できることになりました。

ここで重病が見つかると転院になります。
田中は小さい病院だからか、大きな病気があったり、双子であったり、母体に異常が見つかったときなど、何か問題があると転院になるようです。

 

【妊娠9週】体重51kg
超音波検査 5,300円
妊婦健診料 9,500円
診療情報提供料 750円

エコーを受診しました。
ここで、私に子宮頸がんの疑いがあるそうで、田中ではがんの検査ができないので、他の病院のがん検査を勧められました。

 

【妊娠10週】体重51.5kg
無料の妊婦講習(前期) 0円

田中による妊婦講習を開講しており、私は主人とともに受講しました。
他に40人ぐらい参加されていて、ほとんどがご夫婦での参加でした。
3時間ぐらい座りっぱなしだったので、つわりのひどい時期だったし辛かったです^^;

講習で習ったこと(抜粋)
・赤ちゃんとはどういうものか
・妊娠中の母の心は子供の心と同じなので、明るくポジティブな感情でいたほうが良い
・妊娠中は体を動かすことが大事
・運動は、免疫力を高め、早産を予防し、血液の循環を良くする

などといったことを学びました。

 

【妊娠11週】体重52kg
超音波検査 5,300円→目黒区補助券で免除
妊婦健診料 9,500円→目黒区補助券で免除
自費分 230円

この自費分というのは、妊娠していても服用可能な痛み止めのカロナール錠のことです。私は妊娠のためぎっくり腰になってしまい、歩くのも大変になってしまいました。
妊娠中は、ロキソニンはNGのため、効き目の弱い薬を処方された形です。

 

【妊娠11週】
別の産婦人科でガンの検査が必要だったので、検査をするための検診でした。
これは田中とは関係ないので計算には入れませんが、初診料自費負担額850円、検査5,230円、薬代440円でした。

検査の結果、子宮頸がんの異形成というクラス。

悪性ではないので、今すぐの手術は必要ないそうですが、悪性になったら手術とのこと。早期発見のため、命に別状はないとのことでした。

ここで、出産をあきらめる人も中にはいるそうですが、その産婦人科では、出産は問題ないでしょう、とのことだったので、出産は取りやめませんでした。

 

【妊娠13週】体重50.5kg
初期胎児ドック超音波検査(3D)
FMF検査 45,000円
妊婦健診料 9,500円
▲減額分 24,220円

↑の減額分とは、妊娠初期の頃、目黒区補助券を出していなかったので、その差額分を引いてくれた金額です。

この日支払ったのは、合計で30,280円でした。

この検診日に、初めて3Dのエコーを撮りました。
ものっすごい立体に赤ちゃんを確認できました。

技術の発展はすごいですね。あ、見ます?見たい?

どーーん!

もひとつ、ドドーン!

ちょっと、、グロい(笑)

そして、FMF検査とは何かというと、ダウン症が生まれる確率が分かる検査なんだそうです。私の子供がダウン症になる確率は、1/12,780 だそうで、ほぼ問題ない数値でした。

12,780分の1って、なんだか途方もない数値で、よく分からないですけどね^^;

この頃、つわりがひどくて、増えてた体重が妊娠初期に戻っていました。

 

【妊娠17週】体重52.3kg
超音波検査 5,300円
妊婦健診料 9,500円
自費分 290円

1ヶ月ぶりの妊婦健診。
この日から、母子手帳を持っていくのが必須になりました。
順調に育っている経過が分かりました。

院長先生の検診だったのですが、この時点で、「女の子のようだね~」とのお話。

こんな早くに性別分かるの!?と驚きでしたが、院長先生の経験則で女の子だと判断したようです。(まだはっきりと断定したわけではありません)

この日は目黒区の補助券の範囲外なのか、引かれることはありませんでした。

 

【妊娠19週】体重53kg
中期無胎児ドック超音波検査(3D) 25,000円
妊婦健診料 9,500円
自費分650円
目黒区役所補助券 ▲10,320円

この自費分ですが、かゆみ止めの飲み薬と塗り薬を処方された金額です。
私は妊娠性痒疹になってしまい、全身が痒くてたまらない状態になってしまいました。

かゆみ止めの薬は、ポララミンという飲み薬なんですが、ものすごく眠くなってしまう薬なので、仕事中大変でした。

そして、この時点で、性別が判明しまして、院長先生の言ったとおり、女の子でした!

 

金額としては、妊娠20週近くのこの時点で、すでに154,360円かかっています。

 

【妊娠22週】体重54.9kg
超音波検査 5,300円
子宮頸管粘液中顆粒球エラスターゼ精密測定 2,100円
細菌培養同定検査 1,650円
嫌気性培養 980円
尿糞便等検査判断料 510円
微生物学的検査判断料 2,250円
子宮頸管粘液採取 800円
妊婦健診料 9,500円
入院事務手数料 7,560円
薬の自費分 260円
目黒区役所補助券 ▲5,160円

よく分かりませんが、色々と検査しました。
この日の合計支払金額は25,750円でした。

ここで、入院費用についての説明がありました。
入院費用は100万円ほどかかるとのこと。

 

私、貯金しておいて良かった(´д`)

この日、検診時に先生から言われたのは、もっと太っていいよ!とのこと。
私の身長は160センチなんですが、この身長だと、63kgまで太ってOKなんだそうです。
そして、赤ちゃんは体重483gとのことでした。

 

【妊娠26週】体重57kg
超音波検査 5,300円
末梢血液一般 420円
血液化学検査 2,340円
HTLV-I抗体 3,600円
ブドウ糖等負荷血糖値等検査 4,280円
血液学的検査判断料 2,500円
生化学的検査(Ⅰ)判断料 2,880円
免疫学的検査判断料 2,880円
血液採取料(静脈) 400円
妊婦健診料 9,500円
自費分 220円
目黒区役所補助券 ▲5,160円

この日の支払合計 29,160円なり。

採血検査のため、両腕からけっこう多くの血液が採られました。
ブドウ糖等負荷血糖値等検査とは、妊娠性糖尿病の検査。何か、甘い炭酸水のようなものを飲ませれました。

→前回の妊娠22週時の検査の結果、早産の可能性はない!とのことでした。
私、順調そのもの!
安心ですね~

 

【妊娠26週】体重57kg

無料のプレママ教室 0円
妊娠25週以上の人が参加するもの。

この講習で言われたことは、「出産後、1か月健診で問題がなければ、運動を開始しましょう!」というものでした。

田中では、妊娠中に運動をするように言われていましたが、出産後も同じように運動をしてね!ということでした。

運動の習慣がないママにとっては難しいお話ですね。

ま、やれる範囲でやりましょう。

 

【妊娠28週】体重58kg
超音波検査 5,300円
妊婦健診料 9,500円
自費分 220円
目黒区役所補助券 ▲5,160円

合計9,860円の支払い

娘の体重は1,270g。

妊娠26週時の検査結果が出ましたが、基本的に全て正常値でした。逆に、もっと中性脂肪があっても良いよーとのことで。

スポンサーリンク

院長先生には、しきりに「もう少し太ってください」と言われましたが、正直、これ以上太って重くなりたくないよ~って感じでしたね。

この頃になると、ものっすごく体が重かったです。
なのに、仕事が忙しくて、日々疲れていました。

そして、妊娠性痒疹は、この時期からさらにひどくなっていきました。
お腹の下、腰のあたり、寝てるときに無意識に引っ掻いているらしく、真っ赤っ赤状態です。

自費分は、かゆみを抑える塗り薬分。でも、効果はありませんでした。

先生には、ドライアイスを当てて冷やして、絶対に引っ掻かないように!と言われましたが、無理ー!ってほど痒くてどうしようもなかったです。
夜中に痒くて目覚めることもしばしば。本当に参りました。

 

ここに、その状態を載せようかと思いましたが、かなりグロいので、直接貼るのはやめました。見たくない人はクリックしないでね!

写真を見たい方は、用意しましたので、こちらをクリックしてください。→ 妊娠性痒疹のお腹 です。

 

写真を見た方は分かるように、ものっすごいひどい状態でした。
胸から足の太ももにかけて全体的に赤くてミミズ腫れのように腫れている状態です。

今は、うそかと思うぐらい綺麗になりましたが、どうやって治したか?というと、ネットで購入できる塗り薬を買ったり、漢方薬を飲んだりしてなんとか頑張りました^^;

 

【妊娠30週】体重60.1kg
超音波検査 5,300円
妊婦健診料 9,500円
目黒区役所補助券 ▲5,160円

合計9,640円の支払い

娘の体重は1,600g前後。

よく動く、活発な子です。
この頃、全身のかゆさと、仕事の忙しさから、暴飲暴食が増えていきました。

 

30週になったときに、入院費用の内金として、
50万円を銀行口座に入金しました。
あぁー、大金が消えていく~・・・

 

【妊娠31週】60.3kg
無料の妊婦講習(後期) 0円
1時間ぐらいの講習。無痛分娩のメリットをしっかりと話してくれました。
出産は通常ものすごい痛みを伴うもの。
でも完全無痛分娩は、痛みを感じなさすぎるので、安心してください。

といったようなお話でした。

 

【妊娠32週】60.4kg
超音波検査 5,300円
妊婦健診料 9,500円
目黒区役所補助券 ▲5,160円

合計9,640円の支払い

娘は、体重1,900~2,000gだそうです。

この頃、勤務先の会社の決算月だったので、給料計算やらなんやらで、大変なことになってました。

仕事の引き継ぎも兼ねていたので、教えながら&自分もやりながらだったので、いつもの二倍ぐらいの時間がかかり、仕事の負担は重かったですね。

 

【妊娠34週】62.3kg
超音波検査
妊婦健診料
微生物学的検査判断料
合計 13,500円の支払い

↑この日は、メモが残っていなかったので、それぞれの明細が分かりません・・・

子供はスクスクと育っていたけど、仕事で、社長から暴言を吐かれるようになり、精神的にストレスを抱えるようになっていました。

こんな、臨月ギリギリまで働いているのに、言葉の暴力がきつかったです。

 

【妊娠35週】61.6kg
会社の退職を決意。
産休に入った翌日に、社長からのひどい言葉責めがあり、耐えられませんでした。

 

【妊娠36週】62.7kg
超音波検査 5,300円
妊婦健診料 9,500円
目黒区役所補助券 ▲5,160円

合計9,640円の支払い

妊娠34週のときに検査した感染症についての結果を教えてくれました。
特に異常はありませんでした。

娘の体重は2,700g~2,800g。

 

 

【妊娠37週】62.9kg
超音波検査
末梢血液一般
出血凝固
HDL
LDL
生化学的検査判断
血液学的検査判断料
血液採取料
ノンストレステスト 600円
妊婦健診料 9,500円

合計 23,700円の支払い

それぞれの検査金額が、明細書から読み取れなかったのですが、13,600円分の検査だったようです。

このノンストレステストでは、赤ちゃんの心拍数と胎動を40分間測定します。この検査をすることで、赤ちゃんが分娩時の陣痛に耐えられるかどうかがわかるそうです。

40分間椅子に座って、お腹に機械をとりつけて測定するだけだったのですが、けっこう重要な検査らしいです。

その他の診断結果としては、子宮口は全然ひらいていないようで、まだ産まれる気配はないとのことでした。予定日より早く産まれてくることを願っていたので、ちょっと残念。

 

【妊娠38週】63.2kg
妊婦健診料 9,500円
今回の保険適用分 2,000
前回の保険適用分 1,400
合計 12,900円の支払い

勤務していた会社を退職したことに伴い、健康保険証が使えなくなってしまったので、色々と手続きしていたら遅くなってしまって支払いが変なことになってしまいました。

 

【妊娠39週】64kg
妊婦健診料 9,500円
ノンストレステスト 2,000円
合計 11,500円の支払い

予定日の1週間前なのにも関わらず、産まれる兆候が全くないそうです。
娘よ、いつあなたは出てくるのでしょう?

院長先生に、早く産みたいんです!と訴えたら、ハイハットスタジオで運動するのと、公園でジョギングしてきたら?と勧められました。

え、この14キロ近く増えた体でジョギング!?

院長先生:「走ったり運動したりすると、出てきやすくなるんですよー」
と大真面目な顔です。

仕方ないから、駒沢公園で1時間ぐらい歩いたり走ったりしました^^;

 

【妊娠40週】63.7kg
妊婦再診料 4,000円
頸管拡張 5,700円
ノンストレステスト 3,000円
合計 12,700円の支払い

ついに、予定日を過ぎてしまいました。

この日の妊婦健診は、当初の出産予定日から2日経過した日。

それなのに、院長先生の言葉は、
「まだ、出て来る気配はないですね~」とのこと。

私:「でも、先生、私、もう出したいです!」
と泣きそうな声でお願いしてみたところ。

先生:「じゃ、子宮口広げますか~」
と、あいかわらずののんびり口調で言われました。

私:へ!?子宮口広げるってどうやって?

と、頭で疑問に思ったものの、突然慌ただしく看護師さんや助産師さんが動き出しました。

そして、私は内診台に座らされ、子宮口を広げる処置がおもむろに始まりまして・・・

私は突然の痛みのあまり、声にならない言葉をあげました。

なにこれ、、、聞いてないよっ!
めっちゃ痛い!!!!!!!!
○!※□◇#△!

声にならない声をあげていました。

あとから思うに、出産よりも子宮口を広げる処置のほうが、覚悟していなかった分痛かったような気がします。

いろんな器具を子宮の方に入れられて、最後に院長先生の手で子宮口を広げてもらいました。そんな痛い思いをしたのに、開いたのは1.5センチだけ。

うそーん。

まあ、でも、この処置のおかげで、翌週に出産できることになりました。
計画的出産です。日にちも指定されました。

田中では、子宮口がひらいて、ある程度出産の目処がたつと、連日の3候補日ぐらいから日にちを選択することができます。
もちろん、その他の入院される方との調整であったり、母体の状況によりけりですが。

私の場合は、この日とこの日があるけど、どちらが良い?と選ばせてくれました。

で、私は、前もって、自分の娘を動物占いで確認していたので、ペガサスになる日にしてみました。だって、動物占いの中で、唯一架空の動物なんだもの。

娘は、走り出したら止まらないペガサス タイプで、明るくさっぱりしていて、誰からも愛されるとのことでした。

もし、これから生む方は下記サイトを参考にしてみてください(*^^*)↓
(未来の誕生日を入れても結果が出るし、メアドの登録も不要)

完全無料 誕生日占い

 

【妊娠41週】64.4kg
妊婦健診料 9,500円
ノンストレステスト 2,000円
合計 11,500円の支払い

出産のための入院をする前に、最終の妊婦健診を受診しました。

この日も確認してもらいましたが、子宮口は前回、無理矢理広げた状態から1.5センチのまま、変わっていませんでした。

でも、先週決めたとおり、3日後に出産しましょうということで、計画出産です。

 

【妊娠41週と4日】無事出産!

スパッと結果からいうと、なんの問題もなく出産しました。
私の場合、分娩室に入ってから、なんと10分以内に赤ちゃんが出てきてくれました。

いきんだ回数、6回。これ、超安産ですね。

あまりの痛みのなさにビックリしました。
あ、でも麻酔が切れたあとはジンジン痛いですけど^^;

それも、1週間で治まりました。

入院してから出産までの経過に関しては、長くなるので別記事で書きます。

さて、退院日の日に支払った費用を書き出してみます。

 

入院料 203,500円
分娩料 730,244円
新生児保育料 91,276円
検査・薬剤料 10,960円
処置・手当料 4,940円
産科医療補償 16,000円
その他 34,040円
出産育児一時金 ▲420,000円
入院費用の合計額 670,990円なり!

10月に内金50万円を支払っていたので、
差額170,990円を退院日に支払いました。

 

さてさて、ここまでで、
私が田中に支払った費用の合計額はどうだったのでしょうか!?

毎回毎回、万単位で支払いましたが、結果は?

 

さあ、おまちかねの発表です!

 

 

 

 

じゃん!

合計額なんと、、

1,019,640円なり!

 

ぬおーーー!

100万円超えてしまいました(T_T)

予定日を超えたから、余分に妊婦健診が入っているのも原因の一つだと思います。

うううう・・・・

 

大金が口座から消えていきました。

なのに、退職させられてしまって、私これからどうやって生活すれば良いのでしょう?

とりあえず、美容院とかマッサージとかは当分行けませんね。

 

忘れずに、出産したあとの娘の1ヶ月健診の金額も書いておきます。
超音波検査 5,300円
産後1か月検診料 8,500円
新生児1か月検診料 8,500円
全部自費精算で、合計22,300円なり。

 

あいかわらず高い金額ですね^^;

私の友達、妊娠から出産まで、全部で10万円もかからなかったって言ってたので、相当高いんでしょうね。

 

はぁぁ・・・

 

これから毎日節約して暮らそう!と心に決めた瞬間でした。

 

田中ウィメンズクリニックでは帝王切開をすることもある

ここまで、田中ウィメンズクリニックの費用を書き出しましたが、ちょっと話がそれて帝王切開のお話を書いておきたいと思います。

私が入院した、隣のお部屋の方が、麻酔が効かなくて、急遽帝王切開になってしまったんですよね。

基本的に、田中ウィメンズクリニックでは出産前の時点で、帝王切開になりそうな場合は転院させられます。

た、だ、し!まれに、麻酔が効かなくて、陣痛の時点から痛みを感じる人がいるんです。

完全無痛分娩なので、本来は陣痛の痛みはないはずなんですが、麻酔が効かないことにはどうしようもないですよね。

麻酔が効くまで麻酔を背中から注入するんですが、麻酔の規定量というのが決められています。

それを超えたら胎児と母体に影響が出るかもしれないので、それ以上打てないんです。

そして、お隣の方は、急遽、緊急帝王切開となりました。
緊急帝王切開の場合は、さらに麻酔を打って痛みをなくすのか、どうやって処置したのかは不明です。

廊下で、旦那さんとお母様が待たれていましたが、かなり重い空気でした。母体と赤ちゃんのために、そういう処置が施されることもあるようです。

完全無痛分娩で安心!とはいっても、何が起こるかは分かりません。

ただ、私はハイハットスタジオに週3~5回ぐらいで通っていましたが、しっかりとスタジオ通いしているママの中に、帝王切開になった人や、異常分娩になった人はいませんでした。

そのお隣さんにお話を伺ったときも、ハイハットスタジオにはほとんど行ってなかったそうです。

おそらく、ハイハットスタジオでしっかりと運動している人であれば、そのような状態になる人は少ないのではないかと思います。

私はお医者さんではないので分かりませんが、一意見として読んでいただければと思います。

妊娠中の運動は大事!ということです(*^^*)

 

まとめ

ところどころ、雑談が入っていますが、田中ウィメンズクリニックの金額の高さは伝わりましたか?

毎回行くたびに大金が消えていくので、必ず銀行に寄っておろしてから向かっていました。

当初、私がどうしても行きたいといって、ここを選択したわけではないので、あとからこんなに高いことを知って泣きそうでした。

主人が、ここ近くて評判が良いみたいだから、と勧めてきたけど、支払いは全部私だったので、なんだか騙された気分です^^;

 

結果的に、たしかに全部良かったですけどね!
また、働き始めたらお金をしっかり貯めよう!と心に固く決めました。

 

これを読んでいるあなたも、もし無痛分娩の病院にするのであれば、大金が消えるので、よく考えて選んでくださいね。

 

これから生む方への参考になれば幸いです。

いつでもコメントお待ちしています♪
一言でもなんでもくれたら必ず返信します(*^^*)

 

ではまた。

 

 

 

コメント

  • 無痛分娩を考えていた時に、この記事にたどり着きました。
    色々と詳しく書いてあって分かりやすかったです。

    無痛分娩は悪いニュースもあったりするので怖かったのですが、
    成功体験もあるのを見ると、やはり、無痛分娩を選択してみようかな、という気になりました。

    とても参考になりました!
    ありがとうございました♪

    by まいまい €2017-11-09 1:21 PM

    • コメントいただきありがとうございます(*^_^*)
      無痛分娩は、陣痛の時から麻酔をする完全無痛分娩と、
      分娩室に入ったときにだけ麻酔を打つ無痛分娩と、
      2通りあるようなので、そのあたりもしっかり確認してから産婦人科を決めてくださいね。

      良いお産が出来ると良いですね!

      また何かご質問などありましたら、いつでもお気軽にコメントくださいね(*^_^*)

      by 吉田あい €2017-11-09 1:34 PM

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!