ママブログ

ママ視点で子育ての体験談や、気になる情報を発信しているブログです

お金の相談をしたい!FPに会う前に準備しておくといい事は?

time 2017/11/13

不安定な時代だからこそ、将来お金で困りたくないですね。

家計の診断、子供の教育資金、住宅ローンや資金計画、保険の見直しなど、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談する方が増えているそうです。

相談には時間制で費用がかかる場合などもあるため、できるだけ相談はスムーズにしたいものです。

では、こちらが事前に準備できることは何でしょうか?

FPに相談する前にやっておくといい事は?

「ファイナンシャルゴール」を明確にする

ただ漠然と「将来のお金のことが不安だけど、何から考えていいかわからないからとりあえず相談したい」というだけだと、FPによっては、そこにつけこんで不必要な保険などをすすめてきたりします。

今の不安の内容はさておき、「将来はこうなっていたい」というファイナンシャルゴール(経済面での目標)は自分の中ではっきりさせておきましょう。

「将来レストランを開業したいので、〇年後までに〇万円貯めたい」
「老後は世界旅行をしたいので〇万円くらい貯めておきたい」

このように、ワクワクするような内容でかまいません!

FPはあなたの描いたファイナンシャルゴールに向けて、適切にヒアリング・現状分析して問題点を見つけ、適切なアドバイスをくれます。

スポンサーリンク

適切なFPを探す

一口にFPと言っても、人それぞれ強みのある分野が異なってきます。

保険会社系のFPであれば当然保険に強いですし、銀行、証券会社、不動産会社などもFPの資格保有者が多くいて、当然それぞれの強みがあります。

企業のしがらみがなく、顧客の立場に立ったアドバイスができるのが強みと言われる独立系のFPもいますが、金融商品など専門的・具体的な知識に欠けていて適切なアドバイスができないとも言われます。

なので、自分のファイナンシャルゴールを考慮しながら適切なFPを探してみてください。

準備しておくもの

相談内容によって変わってくるようですが、とにかく現在の家計の状況を把握するということが大切ですので、主なものとしては

★家計簿1年分くらい
なければ直近3ヶ月程度の収支をつけてみてください。それも難しい場合は、レシートをすべて取っておいてください。住宅や車のローンも含まれます。

★借入先情報
クレジットカードや消費者金融などの借り入れがある場合、借入年月日や現在の残高、利率、月々の返済額などを書き出しておいてください。

その他、なくてもOKではありますが、あると便利なものは、

★ローン返済の詳細がわかるもの
★クレジットカードの利用明細
★保険証券
★給与明細

などがあります。

FPに相談した個人的な事や準備した資料など、プライバシーは守られるの?

普通は親兄弟であっても具体的なお金の話なんてしませんよね。ところが、FPに相談するときは家計内のお金に関する情報を洗いざらいさらけ出す必要があります。

「これって個人情報が漏れたりしないの?」

と不安な気持ちにもなりますよね。

より顧客に対して適切なライフプランを提案するためには、プライバシーを含む情報がないと正確に分析できないと言われます。

そこで、顧客のプライバシーの問題については、日本FP協会の倫理規程第5条にこのような項目があります。

「会員は、ファイナンシャル・プランニングの業務上知り得た顧客の秘密を守り、節度のある行動をとらなければならない。」

FP資格保有者は、日本FP協会が定めた会員倫理規程等の順守の約定書にサインしているのでこれを破れば罪に問われるわけです。

安心して相談してくださいね!

おわりに

いかがでしたか?

なかなか準備も大変なように思えますが、その後の相談がスムーズにいくことを考えるとやっておいて損はないですよ。

お金の相談は、信頼できるFPにしてみましょう!

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!