ママブログ

ママ視点で子育ての体験談や、気になる情報を発信しているブログです

旦那の世話に疲れた妻たちへ!夫の本音は手伝いたくても手伝えない?

time 2017/10/19

疲れた犬

赤ちゃんが産まれると、旦那さんとの夫婦の時間は少なくなりますよね。
以前は何も感じなかった旦那さんの行動に対して苛立ちや疲れが出てき始めケンカが多くなったり疲れが溜まりやすくなっていたりすることも多々あります。

旦那の世話に疲れたーというママさんへ、今回は私の経験を元に夫婦円満のコツをお伝えします。

旦那の世話に疲れた妻たちへ!夫の本音は手伝いたくても手伝えない?

母親になってからは一層子供のことに対して一生懸命になるのが母親です。

でも、家事のことをよくわからない旦那さんが手伝おうとしていても、任せるのは不安な気持ちがあると思います。仕事などで遅い時間に帰ってきた旦那さんに子供の事を頼んでもいいのか私が育児をやった方が楽じゃないのかと思って母親は無理してしまう場合もあります。

旦那さんの「手伝うよ?」という言葉に対して「いや、私がする」と言ってないですか?私がすると言ってしまった場合は、旦那さんは手伝いたくてもそれ以上は何も言えずに手伝えない状況になってしまいます。

奥さんから「手伝って」と言う言葉を待っている事は多く、どんなに仕事がきつくても子供に対して別格です。実際に子供に対して何かやってもらうのは嫌な場合は、ミルクを作ってもらったりオムツを捨ててもらったりするだけでも育児の関わりに入ります。

育児は常に24時間続いているので赤ちゃんを抱っこすることやミルクやオムツ以外にもたくさん手伝える事はあります。ここは母親、ここは父親と役割分担をする事で父親は手伝いやすくなりますよね。

 

旦那の世話に疲れたという妻へ贈る、夫たちの本音!自分のやり方以外認めないのはナゼ?

母親と赤ちゃんは常に同じ時間を過ごしています。そんな時間の中で日々赤ちゃんと色々な成長や育児に対して学習をして学んで行きます。

スポンサーリンク

母親は色々な本を読んだり人に相談したりして自分のやりやすいやり方を見つけています。効率的に育児をさばけるように日々工夫をして赤ちゃんの一日のサイクルを作っています。

そのサイクルを母親だけではなく赤ちゃんもこなしていっているため、慣れも出てき始める中で別のやり方を実施されると赤ちゃんがパニックになったり不安になったりしてしまい、今まで作り上げてきたサイクルは一部狂い無駄になってしまいます。

そのため、やり方に対して厳しくなってしまいます。今までのやり方に文句を言われている感覚に陥る事もあり、私のやり方に何か文句があるのと感じてしまいます。赤ちゃんと母親は密接に時間を共にしているため口出しされると母親としては怒りを買ってしまいます。

 

旦那の世話に疲れた!でもやる気を奪っているのはあなたの方かも!妻に言われたくない一言とは?

夫婦の仲で協力は不可欠ですが、協力するよりも母親の私がした方が早いと思ってしまうことは育児をしている中で沢山あります。

旦那さんのやる気を奪う言葉を自然と言っていませんか?

何か手伝おうとする旦那さんに対して、
「私が慣れてるから私がした方が早い」
「あなたは見たこともないのにできるわけがない」
「子供のことを理解してない」
「私ががするから貴方はしなくていい」
「母親は私でこの子も私の方が慣れてていいから」
などの言葉を言われると旦那さんは手伝おうというやる気を奪われてしまい「任せるよ」と言わざる追えない状況になってしまいます。

 

まとめ:夫婦にとっても赤ちゃんにとってもいい事

育児は夫婦で関わっていくことで、父親としての自覚も出てき始めます。

女性の場合は母性本能があるため、子供に対して愛着があります。男性の場合は、赤ちゃんと関わることで父親としての自覚が持てるので、手伝って貰った方が圧倒的に良いです。母親も、自分の時間が持てるようになり、心に余裕が出てきます。

手伝おうとする旦那さんに甘えて手伝ってもらうのも、疲れをとる1つのメリットになります。いかに育児を協力してもらい楽に体を休めるのかは旦那さんとの協力が必須になります。育児を一緒にこなしていくなかで夫婦の仲を円満にしていきましょうね。

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!