SoraDanChi

ママライターがお役立ち情報をご紹介しているブログ

子育てのストレス発散に!掃除や片付けで心をスッキリさせよう!

time 2017/10/12

子育ては、子供がいくつになってもストレスだらけですね。

ママの寝不足、赤ちゃんの夜泣き、離乳食を食べない、イヤイヤ期、ママ友との人間関係、言う事を聞かなくなる、成長につれてストレスの原因も変わりますね。

自分が悪いのかもと不安になったり、夫に言われた些細な一言にカチンと来たり、もう爆発したくなることだらけです!

そこで、今回ご紹介したいのは「掃除や片付けでストレスを発散する」という方法です。ただでさえ掃除なんてする暇がないのに!と思われるかもしれませんが、どこか1か所でもきれいになると驚くほど前向きになれるんですよ。

子育てのストレス発散に!イライラがMAXの時に掃除をしてみた結果は?

赤ちゃんや小さな子供がいると、家の掃除はどうしても後回しになりがちですよね。「子供の世話だけでも大変なのに、毎日洗濯だってごはん作りだってやってる!掃除まではムリ!」と叫びたくもなります。

5年以上前でしたか、私も小さな子供が3人いて毎日必死でした。

そんな時、夫に「お風呂のシャンプー切れたんだけどさー、洗面所の下(キャビネットの事です)がこんなにガッチャガチャになってるんじゃ、何がどこにあるかさっぱりわかんねーよ。ちょっとは片付けろよ。」と言われ、そのあまりに無神経な一言でそれまで積もり積もっていたストレスが一気に爆発したことがあります。

子連れで買い物に行って疲れて帰宅して、買ったものをしまおうとしていたら子供がぐずり出して、あわててキャビネットにとりあえず押し込んで面倒を見る、なんていう経験ありませんか?それを「ガッチャガチャになってる」なんて、こっちだってやりたくてやってるんじゃないですしね!

何を言ったかは覚えていませんが、金切り声でさんざんわめき倒したと記憶しています。

彼が出かけた後に、あまりに腹が立って泣けてきたのですが、怒りのピークを越えた時にフッと冷静に悟る瞬間が訪れ、

「そうだ、徹底的に片付けてやろう。」

と思ったんです。子供たちもその時はたまたまおとなしく遊んでいたので、無言で黙々と洗面所下のキャビネットから物を全て出して分類して、捨てて、掃除して、収納してみたんですね。ものの15分程度でしたが。

その気持ちいいことといったら!
子育てで忙しい時だからこそ達成感も大きくなったような気がします。
これはやってみないとわからないことでした。

夫にきれいになったキャビネットの写真をメールしたら、非常に恐れ入っていました。

その後も、洗面所下を開けるたびになんか誇らしい気持ちがして、散らかった家の中でもそこだけはキレイなんだ、と前向きになれました。

そこから、「イライラした時、ストレスがたまってきた時は掃除・片付けをすれば心が整ってすっきりする」というワザを得たような気がします。

子育てのストレス発散に!どうして当時や片付けで心が落ち着くの?

スポンサーリンク

仏教では、このような話が残っています。

お釈迦様の弟子の1人で、周利槃特(しゅりはんどく)という人物がいて、自分の名前も覚えられず、皆から弟子の中で最も頭が悪い、バカだと言われていました。

あまりに周囲からバカにされるので、自分が愚かだと感じてお釈迦様の弟子をやめようとしたときに、お釈迦さまから「自分が愚かだとわかっている人間は愚かではなく、自分を賢いと思いあがる人間こそが愚かなのです」と言われ、掃除が好きな周利槃特に「掃除が好きなのだったら、『塵を払い、垢を除かん』と唱えながら掃除をしなさい」と言われました。

言われたとおりに、10年、20年とひたすら掃除し続けた結果、ついに周利槃特は悟りを開いたというお話です。

目に見える場所の汚れを、雑念なく無心になってきれいにしていくことが、自分の心をきれいにしていくということにつながるのですね。

「掃除は執着を手放す修行の1つ」とも言われますが、子育てを「辛い」「大変だ」とか「自分はこんなに頑張っているのに」と思い込んで、がんじがらめになっている自分を解き放つのにいい方法と言えそうです。

うつ病で落ち込んだ時も、掃除療法が用いられることがあるそうです。

目に見える場所をきれいにして心がすっきりすれば、不幸だと思っていた世界もなんだか輝いて見えますし、そうなると自分の心に余裕が生まれて家族にも優しくなれるような気がしませんか?

子育てのストレス発散に!きれいにしてみたら心が前向きになった場所

ただでさえ母親業は毎日時間に追われて慌ただしいものですので、疲れないポイントは、『片付ける場所を短時間でできそうな小さい範囲に定めて、そこだけをきれいにする』ことだと思います。

「ここがきれいになると気分が変わる!」という場所の例を挙げてみます。

●家中の鏡

これは案外大切なんじゃないでしょうか。自分の姿を映すものですから。

●フローリングの床

子供がいると、すぐにゴミやほこりだらけになります。ゴミを捨て、かがんで無心に雑巾がけをすると冷静で客観的になってきます。

おもちゃなどもできるだけ整理して、床の上にはできるだけ何もない状態にすると、相当気分が変わります。

●玄関のたたき

靴で散乱している玄関も、全部片づけて掃き掃除をし、たたきには何も置かれていない状況を常にキープできればそれだけで気分がすっきりします。

●冷蔵庫の中

液だれや野菜くずなどもなくきれいに整理されている状態だと、開けるたびに嬉しくなります。一度に掃除するよりも、一段ずつ小分けに掃除することをおすすめします。

●水回り

特にお風呂のカラン、トイレの吐水口、キッチンの蛇口をマイクロファイバーなどでピッカピカに磨き上げるとテンションが上がります。

●お風呂やトイレ

ここがきれいにされていると、毎日ホッとしますね。イライラも、きれいなお風呂やトイレでリセットできそうですね!

他にもいろいろありそうですが、「ここはきちんときれいにしないとな~」と常々感じている場所ほど、きれいになった時に心が落ち着きます。

おわりに

いかがでしたか?

「掃除なんて無理!」と思っている方ほど、いざ一か所でも取り組んでみると「意外といいかも!」なんてコロッと方向転換できそうな気がします。

ぜひ簡単な場所からでも試してみてください。心がスッキリしてご家族への接し方も変わってくると思います。

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!