SoraDanChi

ママライターがお役立ち情報をご紹介しているブログ

小さなお子さんがいるご家庭にとっては、真冬の夜はすごく神経を使いますよね。とにかく寒いですし、空気の乾燥はひどいですし、風邪などひかせないようにとママも大変です。

特に最初のお子さんの場合だと、絶対に冷えさせないようにと過剰な寒さ対策をしてしまうこともしばしばです。

ここでは、真冬の赤ちゃんの就寝時の寒さ対策についてお伝えします。

冬の赤ちゃんの寒さ対策!寝る時の服や布団はどうする?

赤ちゃんの平熱は大人よりも1度ほど高めなので、やたら厚着をさせると汗をかいて逆効果です。また、布団についてもたくさんかけすぎると寝苦しくなり、布団を蹴飛ばしてかえって冷えてしまいますので注意が必要です。

寝る時の布団について

赤ちゃんからすれば、大人と同じ枚数や種類では重たく暑いです。

たとえば、重たい毛布よりもタオルケットなどが適しています。子供サイズのフリースの軽い毛布も重宝します。その上に羽毛布団などを1枚というのが一般的です。

ただ、これでも蹴飛ばしてしまう赤ちゃんもいるので、スリーパーやベストを着せることでそれを布団代わりにしてしまえば安心です。その際は布団を1枚減らすか薄めのものにしましょう。

布団乾燥機や湯たんぽなどで寝る前に布団をあたためておくと気持ちよく眠れます。

湯たんぽ

出典:Amazon

寝る時の服について

厚着はかえって汗をかきますし寝返りも打ちにくいので、寝る時は肌着+カバーオール程度にしましょう。

また、手足が冷たい場合でも特に靴下はいらないです。赤ちゃんは体温調節がうまくできないと言われていますが、手足で体温調節をしています。靴下や手袋をしたり、足先が出ないような服を着た状態で眠ると、気が付けば寝汗がびっしょりということもあり、注意が必要です!

おすすめはスリーパーやベストなどを着て、薄めの掛布団をかけることです。

スポンサーリンク

スリーパーはベストが長くなったような形のものですが、素材も形もさまざまなものがありますので、赤ちゃんの睡眠スタイルによって選びましょう。

汗っかきなら、吸湿性の高い素材の物を。
保温重視ならダウンやフェザー。
すぐ乾くのがよければ薄手のフリース。
股下にボタンがついてズボンのように使える物や、袖付きのものもあります。

我が家の場合なんですが、丈の長いスリーパーを嫌がられた事がありました。足元がもたつくのが嫌なんですね。結局ユニクロのキッズダウンベストで落ち着きました。

また、購入前の一時しのぎとして、パパの着なくなった裏起毛のあったかトレーナーの袖と裾の部分を切って端をまつり縫いしたものを、頭からかぶせて着せていたら気に入ってしまい、そのまま何も買わずに済んだ事もありました。

「なぜこんなものが?」と思うようなものでも代用できますので、赤ちゃんに最も適した格好は何か考えてあげるといいですね。

 

冬の赤ちゃんの寒さ対策!暖房はどうする?

就寝時にも暖房をつけっぱなしにするのはおすすめしません。暖房の種類にもよりますが、湿度が下がってウイルスが活動しやすくなりますし、火災の危険性もあります。

また、体温調節ができない赤ちゃんにとっては、睡眠時も暖房がついていると汗をかき、体温が奪われてしまったり、布団を蹴飛ばして冷えてしまうこともあります。

暖房を消すと真夜中に赤ちゃんの手足がすごく冷たくなっていて驚かれると思いますが、これによって体の熱を放出して体温の調節をしているんです。

実際、どんなに真夜中冷たい手足をしていても、翌朝はケロッとして元気なものです。

私もこういう経験を重ねていくうちに、真冬の睡眠時に手足が冷たいことは心配するような事ではなくて、唇が青紫になっているとか手足の血色が悪いとか、そういうことがないか見てあげるほうが大事なんだと思うようになりました。

暖房をつけなくても、私が複数の子供と過ごしてきて一番いいと思っているのは「赤ちゃんとお母さんが一緒に寝る事」です。

赤ちゃんも一番あったかくて安心できるんじゃないかと思います。

 

冬の赤ちゃんの寒さ対策!夜中の授乳の時はどうする?

真冬の夜中の授乳、ママにとっては本当につらいですよね!

ただでさえ眠いなか起きなくてはいけないのに、その上泣きそうなくらい寒いんですから。

そこで、一番理想だなと思うのは沿い乳です。

ママは寝た状態で授乳できて体力の消耗も冷えることもないですし、赤ちゃんもあったかくて安心して、そのまま寝てしまいますし。

私はミルクをあげている時期もあったんですが、起き上がって赤ちゃんを抱っこする時、とにかく肩や首が冷えるんですよね。こういう時に前開きや授乳用のパジャマは便利だと思います。

赤ちゃんは寝ていた毛布でくるんで、授乳クッションの上で抱っこします。

ママもスリーパーのようなものがあればいいのかもしれませんが、私の場合は何かパジャマの上に着て寝るということが苦手でしたので、首が冷えないようにタオルを巻き(ネックウォーマーより密着するので良い)、肩や耳や頭が寒かったのでウェディングドレスのベールのように薄手の毛布を頭からかぶって、授乳してましたね。

こんなのを他人様に見られたらかなり怪しい人間ではありますが、真冬の寒い時期であり、なりふりかまっていられませんので。この方法は温かかったですよ。

 

おわりに

いかがでしたか?

あまりに寒いからと着せすぎたり、布団をかけすぎたりしなくても、赤ちゃんはその環境に応じて適応する能力が備わっているので心配しすぎなくても大丈夫ですよ。

ぜひ赤ちゃんとママに合った、快適な寒さ対策を見つけてくださいね。

 

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!