SoraDanChi

ママライターがお役立ち情報をご紹介しているブログ

赤ちゃんにするめはいつからOK?塩分やアレルギーも気になる!

time 2017/09/28

赤ちゃんとするめ

赤ちゃんは、大きくなるにつれて食べ物への興味も広がっていくもの。
「まさかこんなものまで?!」と驚くような食べ物に興味を持つこともあります。

するめもその1つです。

パパがおつまみに食べていたら欲しがったので、渡してみたらおいしそうにカミカミしていたとか、おばあちゃんがママの知らないうちにあげていて驚いたとか、びっくりするケースもあるみたいです。

しかし、するめはしょっぱいですしまだ赤ちゃんは小さいのでアレルギーなんかも気になります。その一方で、昔は歯固めにするめしゃぶらせてたんだよ、なんていう声も。いったい何が正しいんでしょうか?

ここでは、赤ちゃんにするめはいつからあげてOKなのか、気になる塩分やアレルギーのこともお伝えします。

赤ちゃんにするめはいつからOK?決まった時期はあるの?

特に決まった時期はなく、1歳前の赤ちゃんにあげることについては賛否両論、いろんな意見があるようです。

イカそのものについては、身が嚙み切りにくいので歯がしっかり生えていない赤ちゃんには不向きだと言われていますが、離乳食後期以降は新鮮なものをすり身にして調理し、十分に加熱したものについては大丈夫だそうです。しかし、アレルギーのことを考えると3歳以降にした方がいいという意見も。

さて、干してするめにした場合はどうでしょう?

賛成意見としては、

・歯が生えてきた時の歯固め、噛む練習になる。
・噛むことで脳が刺激され、働きを促進する。
・唾液が出て虫歯予防になる。

そして、反対意見としては、

・塩分が多め。
・アレルギーの心配がある。
・のどに詰まる危険がある。
・よだれでベタベタになって服や部屋が汚れる。

というものがあるようです。

「もううちの子するめ大好きになっちゃったのに!」「いまさら止めるのもかわいそう」というおうちもあるかもしれません。

次章以降お伝えしますが、歯が生えてきた赤ちゃんには、適切に商品を選んで目を離さないようにしてあげれば問題はないと思われます。アレルギーが気になる場合は、最初はごく少量あげて様子を見ましょう。

もしも気になるなら、お住まいの地域の信頼できる保健師さんや小児科の先生などにご相談ください。

一般的にどうかというより、お子さんの成長の様子を話しながら質問すれば、よりきめ細かな相談に乗ってくれると思いますよ。

赤ちゃんにするめはいつからOK?最初に気をつけたいアレルギーの問題

魚介類の中で、イカはアレルギーが出やすい食品の1つです。

症状としては、食べてすぐ~数時間後までに口の周りや舌、くちびるが赤くはれる場合があります。その他、じんましん、目のかゆみや充血、喘息、下痢、嘔吐などの症状が出ることがあります。ひどい場合はアナフィラキシーショックを引き起こすこともあります。

よくおばあちゃんがいつの間にか孫にするめをあげていたなんていう話を聞きますが、初めてあげる時には必ずごく少量から、そして食べた後1時間程度は赤ちゃんの様子を気にかけてあげましょう。

また、初めてあげる時間帯はなるべく「平日の午前中」にしましょう。これは万が一何かあった時のために、すぐ病院に連れていけるようにするためです。

平日の夜や休日だと、何かあった時に子供を見てくれる病院はなかなかすぐに見つかりませんよね。

初めてあげてみて特に何も起こらなければ、さほど神経質にならなくても大丈夫です。

 

赤ちゃんにするめはいつからOK?どんなものを選べばいい?

アレルギーの問題がなくても、「塩分が多いので心配」という問題もありますね。

これについては、食塩不使用・無添加のするめを選びましょう。
塩するめなど製造工程で食塩を使っている商品は塩気が強く、赤ちゃんには不向きです。

また、大人向けのおつまみ用のするめ、あたりめは塩分以外にも化学調味料や保存料などを添加した商品が多くありますので、しっかりと原材料を確認して無添加なものを選ぶようにしましょう。「いか」とだけ書かれたものが安心です。

【国産無添加 あたりめ(業務用)200g チャック袋入】

国産あたりめ

出典:Amazon

赤ちゃんにするめはいつからOK?あげる時に注意することは?

誤飲やよだれによる汚れの問題がありましたが、これについては、

・手でつかめるくらいの大きさに切る
・食べる時に赤ちゃんにスタイをつける

などでおおむねクリアできるのではないでしょうか。赤ちゃんの行動はまったく読めませんので、必ず大人が赤ちゃんから目を離さないように注意しましょう!

また、あげる前にトースターなどで加熱してあげれば食中毒の心配もなく食べることができます。

 

おわりに

赤ちゃんにするめをあげることについては、一般的に言われている反対意見さえクリアすれば、適量あげても問題はなさそうです。

そもそもするめは、タウリン、DHAやEPA、ナイアシンなどを含む健康食品です。

まだ試したことのない方、お子さんの歯がだんだん生えてきたらするめをあげてみてもよいのではないでしょうか。

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!