SoraDanChi

ママライターがお役立ち情報をご紹介しているブログ

子育て中の家事は効率よく!「ついで掃除」で無理せずきれいに!

time 2017/09/26

毎日忙しい子育て中のお母さんの大きな悩みの1つ、家の掃除。

目の離せない小さな赤ちゃんがいるとか、暴れて汚し散らかしまくる子供がいると、とてもじゃないけどしっかり掃除する時間なんて取れません!(悲鳴が聞こえてきそうです)

家の中が汚れていても目をつぶることはできますが、そうは言ってもやはりきれいな家の方が居心地がいいものです。

私自身、家の中が汚くても「子育て中なんだから無理は禁物、できるようになったらやったらいい」と思ってしばらく過ごしてきたのですが、ある時点から「なんかそれって掃除しない言い訳になってない?単なるグータラ主婦になってるかも!」と思うようになってきました。

かと言って、すっかりズボラになった自分が急に時間を取って大掃除するのはハードルが高いです。だったら、できる時にできる事をちょこちょこやったらいいんです。

そういうわけで、今回は子育て中でも無理せずできる「ついで掃除」のアイデアをお伝えします。

子育て中の家事は効率よく!掃除は何かのついでにすぐやるとストレスゼロ!

仕事や子育てで忙しくてなかなか時間が取れない、一気に徹底的に掃除するのはハードルが高い、そういう人におすすめの掃除が「ついで掃除」です。

何かをしたついでに、「ここ汚れてる!」という場所があれば、その箇所だけササッと掃除してしまうのです。

普段の汚れて散らかっている状態を見慣れてしまうとなかなか気が付かないので、「ここって汚くない?」と客観的に問題意識を常に持つようにしましょう。スマホなどで見慣れている場所の写真を撮ってみると客観的に見ることができますよ!

以下、「何かのついで」にできる簡単な掃除の例をあげてみます。
毎回どこか気が付いた1か所だけをやるようにすると楽ですよ。

★TVを見ながら
・床のゴミ拾い(子どもがいると、常に落ちています)
・ホコリ取り
・ワイパーやモップで床掃除
・じゅうたんをコロコロで掃除 など

★トイレのついでに

・便座ふき
・便器掃除
・トイレ洗浄剤の設置
・壁ふき
・床ふき
・ドアノブふき
・窓のホコリ取り など

★洗顔ついでに

・洗面台掃除
・鏡ふき
・用具等の整理、棚拭き など

★通るついでに

・廊下の床掃除
・階段・手すり掃除
・玄関掃き掃除
・靴箱ふき
・ドアノブふき
・靴の整理 など

★お風呂から出る前に


・床掃除
・壁掃除
・排水溝の掃除
・カラン磨き
・シャンプー類整理、棚掃除
・洗面器掃除
・(可能なら)浴槽やフタの掃除 など

★夕食後の食器洗いついでに

・コンロまわりの掃除
・排水溝、ゴミ受け、シンクの掃除
・炊飯器など家電の汚れ・ホコリ拭き

★洗濯干しのついでに
・ベランダ掃き掃除

まだまだたくさんあると思われますが、とりあえずこれだけを毎日少しずつちょこちょこ続けるだけでも、家の中はかなり快適に変わります。

ただし、小さな子供がいればまた汚れて散らかります。決して「またかぁ。せっかくきれいにしたのに!」なんてがっかりせずに、それも自分の修行なんだと思って、また心新たに「ついで掃除」できれいにしましょう!

きっと子供たちが大きくなるころにはすっかり習慣化して、家の中もきれいに保たれていることだろうと思います。(というように希望を持って、私も日々できる範囲で取り組んでいます)

子育て中の家事は効率よく!「ついで掃除」のTODOリスト作成で抜け漏れなく!

「ここが汚れてる!」と気が付いても、なかなかすぐに掃除できないことも多々ありますよね。

そういう時は、メモに残しておきましょう。

人間とは忘れる生き物なので、せっかく掃除すべき場所を発見してもそのままだと忘れてしまい、結局いつまでも汚いまま放置ということになってしまいます。

どこを掃除しないといけないかを把握しておいて、「TODO(やること)リスト」を簡単に作っておくと、すきま時間に掃除できますね。

子育て中の家事は効率よく!「ついで掃除」のモチベーションをあげるには?

先ほど「汚れた状態を見慣れるのではなく、客観的に見る」ことが大切だと書きましたが、ついで掃除を実行していくにはモチベーションも必要になってくると思いませんか?

私がモチベーション維持のためによくやっているのが、「インテリア雑誌を読みまくる」ということです。
「こういう家を目指したい!」というものが自分の中にできれば、家の中が散らかって汚いという状態ではいけないという問題意識がしっかり芽生えてきます。

日本のインテリア実例に限らず、フランスだったり、ロンドンだったり、北欧だったり、さまざまな国のものを見ると、とても面白くて参考になるんですよね。

また、インテリアに限らず、カフェや雑貨店などを紹介している雑誌も非常に参考になります。

「今自分の住んでいる場所が最高に快適な場所になるためには、まずきれいにすることが大切!」と常にモチベーションをキープするようにしています。

というか、実際のところ、そういうのがないと我が家の散らかし魔(子供)が毎日せっせと汚くしてくれるので、めげてしまうんですよね。

おわりに

いかがでしたか?

ただでさえ忙しい子育て中のお母さんにとっては、いっぺんに掃除をやろうとするのはとてもハードルが高いと思います。

「ついで掃除」で少しでも家の中がきれいになっていくと、それだけで気持ちが前向きになって家族にも優しくできる心の余裕が生まれますので、ぜひお試しください!

 

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!