SoraDanChi

ママライターがお役立ち情報をご紹介しているブログ

家事に、仕事に、子育て中のお母さんはとにかく忙しいですね!

子育て中でも、特に子供が目が離せない小さな赤ちゃんの時は、頻繁に料理や掃除なんかできません。

私も、実家が遠方だったので親に頼ることができず、出産して退院後すぐに家事が待っていました。やることはいろいろあれど、特に日々の食事だけはどうしても用意しなくてはいけません。

出来合いのもので済ませるのは楽かもしれませんが、お母さんの食事がそればかりでは、赤ちゃんにも影響がありますよね。

今回は、子育て中の家事の効率化の中でもとりわけ重要な、日々の料理についてのお役立ちアイデアをご紹介します。

子育て中の家事は効率よく!料理は一度にたくさん作ってうまく活用!

小さな赤ちゃんがいる場合の調理は、なるべく台所に立つ回数と時間を少なくしたいものですよね!それでいて、赤ちゃんのためにもなるべく栄養があるものを食べられるようにするにはどうしたらいいんだろう?昔の私もいつもそんなことを考えていました。

一見両立が難しそうですが、栄養面を考えたおかずを一度にたくさん作ることを心がければいいんですよね。

カレーやシチューといった煮込み料理を大量に作るのはよく聞く話ですが、毎日同じようなものでは家族も飽きてしまいます。

なので、保存のきく常備菜や加熱した野菜を、常に冷蔵庫や冷凍庫にストックしておいて、飽きが来ないようにさまざまにアレンジしながら日々の食事を用意していました。

以下、常備菜とそのアレンジ例をご紹介しますね!

ひじきの煮物とアレンジ例

1回につき、直径28センチくらいの大きめの鍋いっぱいに作っていました。最も使いまわしがきいて重宝するおかずかもしれません。

具はひじき以外に、にんじん、油揚げ、高野豆腐、干し椎茸など色々入れて栄養豊富にしたいですね。

→酢飯に混ぜて、ひじき寿司に。チャーハンにも。
→ハンバーグの具として。(みじん切り玉ねぎを炒めるのって手間ですからね!)
→つぶしたじゃがいもと混ぜて、コロッケの中身に。単に丸めたものに片栗粉をまぶして焼いた「小判焼き」でも手軽でおいしいです。
→オムレツや卵焼きの具として。
→ポテトサラダの中身として。

きんぴらごぼうとアレンジ例

スポンサーリンク

これも、太いごぼうをいっぺんに2本くらい使って大量に作ってしまいます。ごぼうやにんじん以外に、れんこんやマイタケ、しらたきなどさまざまな食材を加えれば、たくさん栄養が摂れますね!

→千切りきゅうりと一緒にマヨネーズで和えて、ゴボウサラダに。
→細かく刻んで、卵焼きの具に。
→チャーハンの具に。ネギや干しエビも加えると栄養アップ。
→鶏ひき肉・豆腐・みじん切りネギと混ぜて丸め、和風ハンバーグ。

切り干し大根の煮物とアレンジ例


これも定番ですね!
→味噌汁の具。これはおいしいのでおすすめします!
→春巻きの具。切り干し大根とは思えないおいしさです。
→ちらし寿司の具。
→マヨネーズであえて、サラダに。意外と合います。

塩蒸しした根菜(かぼちゃ、さつまいも、じゃがいも、にんじん、れんこんなど)とアレンジ例

大きめに切った根菜類に軽く塩をまぶして蒸したものを冷蔵庫でストックしておきます。5日間くらいは使えます。

→コンソメスープや味噌汁の具に。加熱時間が短縮できます。
→小さく切って、きゅうりなどと一緒にマヨネーズで和えてサラダに。
→刻んでオムレツの具に。
→ごま和えもすぐにできます。

下茹でした大根とアレンジ例

大きく輪切りした大根を下茹でしてストックしておきます。大根の料理は、火が通るまでの時間がかかってしまうので、あらかじめ加熱してある程度柔らかくなっていれば、色々な料理がササッと作れますね。

→拍子木切りにして、油揚げやわかめなどと一緒に時短の味噌汁。
→にんにくスライスと共にさっと両面焼いて、ポン酢や刻みねぎをのせて大根ステーキ。
→鶏肉と一緒に、めんつゆで時短の煮物。
→4でご紹介した根菜類と一緒に、時短の豚汁もおいしいですよ!
→マーボー大根もあっという間です。

おわりに

いかがでしたか?

日々の料理の中で実際に手間や時間がかかっているのは、案外野菜を切ったり加熱したりすることだったりします。

そこをショートカットできてさまざまな料理に応用することができれば、時短にもなりますし、家族も喜んでくれます。

時間がなく、日々の料理で頭を悩ませている子育て中のお母さん方、ぜひお試しくださいね。

 

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!