ママブログ

ママ視点で子育ての体験談や、気になる情報を発信しているブログです

クリスマスに作る簡単かわいい飾り!木の枝で雪の結晶のオーナメント

time 2017/09/06

クリスマスが近づくと街の雰囲気も変わり、「我が家も今年はどんな飾り付けをしようかな?」とワクワクしてきませんか?

お店でオーナメントを見ていると、どれもかわいいのでほしくなってしまいますが、親子で手作りしてみるのもなかなかおもしろいですよ。

今回ご紹介するのは、木の枝と毛糸で作る雪の結晶のオーナメントです。どこにでもある材料で作れてとっても簡単、それでいて味のある飾りになります。クリスマスを心豊かにしてくれること間違いありません。

クリスマスの簡単かわいい飾り!木の枝で雪の結晶のオーナメント。材料や作り方は?

材料は、木の枝と毛糸だけです。

●まず、木の枝を探しに行きましょう!

お散歩を兼ねて、木の枝が拾えるような公園へ出かけましょう。太さ5ミリくらいまでで、なるべくまっすぐな木の枝を集めます。あまり太いと折ったり切ったりするのに苦労します。

園芸ばさみで、お好みの長さに切りそろえ(5~10センチくらいが適当。ここでは10センチくらいにしてあります)、虫を防ぐために熱湯で3分ほどゆでて天日干しします。切った木の枝3本で1つのオーナメントができます。

●毛糸を用意しましょう。

おうちに眠っている毛糸はありませんか?100円ショップなどでもさまざまな毛糸がありますね。太さや色が違ってもかまいません。むしろ大歓迎です!意外な組み合わせが面白い仕上がりになりますよ。

小さなお子さんが作る場合は、太めの毛糸の方が巻きやすいと思います。

●それでは、雪の結晶作りをしましょう。

1.木の枝3本をそろえて持ち、糸端を10センチほど残して3回ほどぐるぐると巻きつけます。

2.毛糸を巻いたとき六角形になるように、それぞれ枝の向きを整えて中心を指で押さえておきます。

3.最初の枝に毛糸をぐるりと1回巻きつけ、次の枝に移ってまた1回巻きつけて、また次の枝に巻きつけて…を繰り返します。

スポンサーリンク

途中で色を変えたい場合は、裏返して毛糸の端と端を結んで止めましょう。

4.色を変えて、また同じように巻きつけていきます。巻き終えたらまた裏返して、毛糸の端と端を結びます。最後に糸端を短く切りましょう。
完成したものがこちらです。グラデーションの糸で作るときれいですね!

クリスマスの簡単かわいい飾り!木の枝で雪の結晶のオーナメント。いろいろアレンジできます。

先ほどは枝3本で作りましたが、写真のように2本で十字にして巻きつけることもできます。小さな子にはこちらの方が簡単かもしれませんね。

毛糸の色や太さや質感を変えるとさまざまに表情が変わり、できあがりはどれ1つとして同じものはありません。「自分は不器用だから」と思い込んでいる人でも、必ず味のある作品ができあがります。

1つ作るとまたもう1つ作りたくなり、たくさん作って飾ってみたくなります。これは小さな子でも同じで、おやつも忘れて夢中で作っているなんてことも。最初にちょっと作り方を教えてあげるだけで、黙々とやってます。

大人よりも子供の方が創造力豊かだなと気づかされることも多々あり、大人が思いもよらなかった毛糸の組み合わせで作って、あっと驚くような斬新な仕上がりになることはよくあります!

クリスマスツリーのオーナメントにも使えますし、たくさん壁に飾るのもよし、モビール風にぶら下げるのもおしゃれですよ。

ぶら下げる場合は、巻いた毛糸の上部に針でお好きな糸を通してください。

おわりに

いかがでしたか?

親子でお散歩を兼ねて木の枝を探しに行くところから始まり、夢中になって手を動かして毛糸を巻きつけて作るオーナメント。きっと素敵なクリスマスの思い出になると思います。

ぜひ楽しく作ってみてくださいね!

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!