ママブログ

ママ視点で子育ての体験談や、気になる情報を発信しているブログです

香川県で紅葉とうどんの穴場情報!小豆島観光もおすすめ!

time 2017/09/03

日本の東の方にお住いの方々からすると、四国旅行はあまりメジャーではないかもしれませんね。しかし、ぜひ多くの方に訪れてほしいのは、目もお腹も一度に満足できる秋の香川県です!

夏場は食欲が落ちますが、秋の香川観光ならうどんも紅葉も楽しめて、思い出いっぱいの旅行になること間違いなしです。ちょっと足を伸ばして、小豆島(しょうどしま)に行くのもいいですね。

ここでは、香川県の紅葉おすすめスポットや讃岐うどん情報、そしてオリーブオイル好きにはたまらない小豆島の紅葉スポットやグルメ情報もお伝えします。

香川県で紅葉とうどんを満喫しよう!おすすめの穴場スポットは?

栗林(りつりん)公園は高松市街ど真ん中でアクセスよし

1.栗林(りつりん)公園
https://www.my-kagawa.jp/ritsuringarden

高松市のど真ん中、国の特別名勝にも指定されている75万平方メートルもの広大な敷地を持つ大名庭園です。

四季を通して美しい場所なのですが紅葉の時期もまた格別で、11月下旬にはライトアップも行っています。

大窪寺で荘厳な雰囲気の紅葉を堪能

2.大窪寺
https://www.my-kagawa.jp/feature/kouyou/kouyou-spot

四国八十八箇所巡りの最後の札所となっているお寺です。
長い長い四国巡礼を終えたお遍路さんたちの納めた笠や杖がたくさん奉納されています。

荘厳な中で見る紅葉はなんとも言えず奥ゆかしい気分になります。

金刀比羅宮で、のんびり階段を上りつつ味わう紅葉

3.金刀比羅宮
https://www.my-kagawa.jp/feature/kouyou/kotohiragu

「こんぴらさん」という愛称でおなじみです。
大物主神(おおものぬしのかみ)と讃岐に流罪になって死去した崇徳天皇が祀られていて、五穀豊穣や海上安全の神様として知られています。

御本宮までは785段の階段を上らなければいけませんが、365段まで送迎してくれるバスもあります。途中途中でお土産屋さんやカフェ、アートスポットなどもあり、楽しみながら登れます。

香川県で紅葉もうどんも満喫!おすすめのお店や選び方は?

スポンサーリンク

さて、紅葉で目が満足したら、うどん店めぐりでお腹を満足させましょう!

近年は日本中でうどんのチェーン店が増えていますが、ご当地の讃岐うどんを知る人間にとっては「本場はこんなもんじゃない!」と声を大にして言いたくなります。

トッピングやサイドメニューも充実しており、天ぷらであれば卵・ちくわ・いわし・紅ショウガ・豆天・鶏などバラエティーに富み、どれも1つ100円前後です!

炭水化物過多になっても食べたい、かやくご飯やおにぎり、甘めのちらしずしも絶品です。おでんを出す店もあります。

高松市を中心に非常にたくさんのうどん店があるのですが、地元の人が行くお店を狙いましょう。どこもさほど大きなハズレはないような気がしますが、たまに集客がうまいだけのお店もあるようです。

並んでいるからと言って必ずしも自分好みなわけではなく、結局は個人的な好みの問題かもしれません。事前に行きたいお店のピックアップをおすすめします。

☆讃岐うどんマップ
https://www.shikoku-np.co.jp/udon/area/
☆enjoyさぬきうどん
http://www.e-sanuki.com/udon/map.html

早朝に開店して昼過ぎには閉店というお店も多く、1週間に数日しか営業していない店もありますので、定休日や営業時間はしっかりチェックしましょう。

車でまわるもよし、電車やレンタサイクルを使うもよし、それぞれの楽しみ方があります。

☆池上製麺所(高松市)
http://www.sanuki-ikegami.co.jp/about.html
名物「るみばあちゃん」のお店です。ほどよいコシが大人気で、大勢のファンがいます。いまも現役でうどん生地を踏み続けているそうです。

☆もり家(高松市)
http://www.mori-ya.jp/
NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも取り上げられたうどん店です。丁寧に生地を練って足踏み・手打ちされゆで上られげた時の麺のエッジは芸術品。おいしいです。麺はお取り寄せも可能です!

☆小縣家(まんのう町)
http://www.ganso-ogataya.com/
元祖しょうゆうどんの店で、注文すると大根とおろし金がドンと渡され、待っている間に自分で大根をおろします。甘めの生醤油が絶品です。

切り干し大根の煮物と大根の天ぷらが乗った「大根どんぶり」300円もぜひ試してみてください。

香川県で紅葉なら小豆島の寒霞渓(かんかけい)もおすすめ!

寒霞渓で錦のような渓谷美を楽しむ

小豆島と言えば、映画「二十四の瞳」とともに、紅葉の寒霞渓が非常に有名です。国内生産第一位のオリーブや、昔ながらの製法のしょうゆ、手延べそうめんも有名で、うどんに負けないグルメの島です。
http://www.kankakei.co.jp/introduction.html

海で遊べる夏もいいかもしれませんが、紅葉がとにかく素晴らしいので、私は秋を強くおすすめします。

色とりどりの山の紅葉が錦みたいです!あまりに雄大な渓谷美で「ここは島だったっけ?」と感じてしまうほどです。

ソフトクリーム好きなら、頂上の売店のオリーブソフトをどうぞ。ペースト状にした実が入っていて、案外さっぱりといけます。

小豆島オリーブは絶対にあじわうべし

☆道の駅 小豆島オリーブ公園
http://www.olive-pk.jp/

瀬戸内海が見える心地よい丘に、約2,000本のオリーブ畑が広がっています。

オリーブの歴史がわかる記念館や、約120種類のハーブが栽培されているガーデンなど、五感で楽しめる複合施設になっています。

小豆島オリーブを楽しめるカフェやレストランもあり、季節のハーブとオリーブを使ったクラフト体験も可能です。

☆創作料理 野の花
http://nonokanet.jp/

ランチの「野の花弁当」がおすすめです。3段重ねの木のお弁当箱におかずが贅沢に入り、にゅう麺もついて1280円です!

オリーブの実の天ぷらや、オリーブオイルをかけて食べるにゅう麺など、ここでしか味わえない料理を堪能しましょう。

 

小豆島には、他にも名物しょうゆや佃煮などを使ったグルメなど、まだまだ魅力的な場所や名物がありますよ。
☆小豆島旅ナビ
http://shodoshima.or.jp/

おわりに

いかがでしたか?

紅葉もお手頃グルメもいっぺんに楽しめる香川県。これを書いている私も、また行きたい気分になっています。

どうぞ秋に旅行されるなら、香川県も検討してみてくださいね!

※この情報は、2017年8月19日現在のものです。

 

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!