ママブログ

ママ視点で子育ての体験談や、気になる情報を発信しているブログです

子供の風邪対策に良い食事やグッズ、サプリメントとは?うつるのを防ごう!

time 2017/08/16

冬になると、お子さんのいるご家庭は特に、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどの病気が気になりますよね。

我が家は5人子供がいますので、誰か1人が風邪をひくともう大変!冬の風邪対策は死活問題ですが、食べ物やサプリメント、グッズなどで予防に努めていますが、おかげさまでここ10年ほどは誰も風邪で病院に行かずに済んでいます。

ここでは、食べ物を始め風邪予防に効果的だと思われる対策法をご紹介します。

 

子供の風邪対策はどうする?食事で免疫力を上げよう!

食べ物については普段から心がけることが重要ですが、特に冬場は免疫力アップにつながる食事を目指しましょう。

●良質なタンパク質を摂る

昔学校で「筋肉を作るもととなる」と習ったタンパク質ですが、実は免疫細胞を作る重要な役割があります。

タンパク質の多い食品と言えば、肉・魚・豆類などがあげられますが、肉は食べすぎると体が酸化する、豆類はタンパク質の吸収率が低い、など色々言われています。メリット・デメリットも考えながら色々な種類をバランスよく摂るといいですね。

豆類は、日本では大豆がメジャーですが、その他にも金時豆、ひよこ豆、レンズ豆など、さまざまな種類があり、世界には多くの調理法があります。

フムス、ファラフェル、チリコンカンなど、聞いたことがある方もいらっしゃるのでは。世界にはお腹も味も大満足の料理が多くあります。特にインドはベジタリアンが多く、豆を使ったカレーはお肉に負けないおいしさです。

「ナイルレストラン」ナイル善己のやさしいインド料理 :世界文化社

やさしいインド料理

出典:Amazon

スポンサーリンク

また、小麦たんぱくを原料とした麩(車麩、板麩)もおすすめです。消化吸収がよく、ミネラルやグルタミン酸も含まれ、しかも低カロリーです。
レシピも豊富です。車麩をトンカツ風に揚げるとおいしいですよ。
→宮村製麩所
http://yakifu.co.jp/kodawari/recipe.html

子どものおやつに、高野豆腐の粉末やきなこを取り入れるのもいいですね。高野豆腐の粉末は白玉粉やホットケーキミックスに適量(1割程度)混ぜても違和感ありません。

●ビタミンとミネラルも忘れずに!

タンパク質を摂るだけでは不十分で、これを吸収しやすくするためにはビタミン・ミネラルが必要です。

といっても、あまり難しく考えすぎずに旬の野菜や果物を楽しみ、毎日の味噌汁のダシや具に小魚、海藻類などを使うように習慣化するだけでずいぶん違ってきます。

ごはんに煮干しの粉や昆布を入れて炊いても。風味もよくなる上に手軽にミネラル摂取できます。(3合につき煮干し粉小さじ1~2ほど入れてみてください)

●腸内環境をよくする

近年「腸内フローラ」(腸内の細菌叢)と免疫力の深い関係について頻繁に取り上げられていますね。人間の免疫の約7割が腸にあるそうです。

腸内環境がよくなると、風邪だけでなく自己免疫疾患、アレルギーなど様々な症状を改善できることが多くの研究で明らかになっています。

そのためには発酵食品の摂取が大きなカギです。ヨーグルトをはじめ、納豆、漬物、味噌などがありますが、これも毎日続けることが大切です。

我が家は毎朝キムチ納豆ごはんと味噌汁、ヨーグルトから始まりますが、習慣化してしまうと準備も楽になります。

 

子供の風邪対策はどうする?サプリメントの賢い摂り方は?

野菜など、最近の食物は栄養価が落ちていると言われています。にんじん1つとっても、ここ20年でビタミンCが約40%低下しているそうです。

どれだけ食べ物に気をつけても栄養が十分摂れているという確証はないので、補完的にサプリメントを摂取すると心強いです。

我が家で特に気を付けて毎日摂取しているサプリメントです。

●ビタミン、ミネラル
食事で不足の可能性のある栄養を補足するため。マルチミネラルやマルチビタミンとして販売されています。

●ビタミンC
体の抗酸化のため。体が弱っているとウイルスに負けやすいです。健康な時は朝晩、違和感を感じたら回復が感じられるまで30分~1時間おきに摂取します。

 

子供の風邪対策はどうする?おすすめグッズは?

●銀イオン殺菌スプレー
コロイダルシルバーをスプレーボトルに入れて使用します。アルコールでは死滅しない菌やウイルスにも効果があり、口に入っても無害、手指・喉などどこでも消毒できて重宝します。

出かける前に口内にスプレー、喉に違和感を感じたらスプレー、学校でも携帯してトイレや手洗いの際にもスプレーしています。

●加湿空気清浄機、または加湿器。そして温度計・湿度計!
湿度は40%以下だとインフルエンザウイルスが活性化しやすく、60%以上になるとカビが発生しやすくなります。

暖房の際、室内の温度を20度、湿度が60%になるように稼働させていますが、常に正確に把握するために、部屋の数か所に温度計と湿度計を設置しています。

1台では湿度が追い付かない時も多々あるので、別に数台加湿器を用意して適宜動かしています。

 

子供の風邪対策はどうする?生活習慣などで気を付けることは?

手洗いうがいの習慣化は当たり前ですが、風邪をひいていなくても、園や学校で風邪がはやりだしたら必ずマスクをするようにしましょう。

また、免疫細胞活性化のためにも、普段から適度な運動をすることは大切です。天気のいい日は親子でボール投げや鬼ごっこをしたり、散歩に出かけたりするのもいいですね。

室内でも、風船バレーや手押し車、膝上ひこうきなど、遊びをかねてできる運動もありますし、ぞうきんがけもおすすめです!(部屋の掃除にもなります)

運動も過剰すぎるとかえって免疫力が下がりますので、無理なくやりましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

たくさんあるように見えますが、ざっくり言うと、
食事とサプリメント、ウイルス対策、適度な運動 です。

万全な対策で、冬に臨みましょうね!

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!