SoraDanChi

ママライターがお役立ち情報をご紹介しているブログ

広島竹原の町並み保存地区での穴場スポット

time 2017/07/08

広島のオススメ穴場観光スポットの後編です。

前編では、広島市から電車で40分程のところにある酒処東広島市西条をレポートしました。

今回は瀬戸内海に面した古い町並みの残る竹原をご紹介します。

広島竹原の町並み保存地区をゆったり歩く

竹原は広島からはバスで1時間程、三原からはJR呉線で40分ほどのところにある瀬戸内側の街です。

前編でご紹介した西条からも高速道路を利用して車で1時間ほどかかりました。

竹原は「町並み保存地区」と呼ばれる場所に昔ながらの町並みが残っていて、「安芸の小京都」と呼ばれています。

町並み保存地区は岡山県の倉敷美観地区にとてもよく似た雰囲気なのですが、人が少ないためとてもゆったり観光することができました。

NHKの朝の連続テレビ小説、「マッサン」でも話題になったニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝氏の生家も保存地区内にあります。ただ、内部は公開されていません。

「たけはらまちなみ竹工房」では、竹原の伝統工芸品である竹細工の作製を実際間近で見ることができます。工房内では竹とんぼなど昔なつかしのおもちゃも売られていました。また竹細工体験もさせてもらえるそうですよ。

ちなみに町並み保存地区へ車で行かれる際は、「道の駅たけはら」の無料駐車場が近くて便利です。

竹原町並み保存地区
https://www.takeharakankou.jp/spot/4305
住所:広島県竹原市本町3
TEL:0846-22-7745

たけはらまちなみ竹工房
https://www.takeharakankou.jp/experience/18486
住所:広島県竹原市本町3-12-14
TEL:0846-22-0973

道の駅たけはら
http://michinoekitakehara.com/
住所:広島県竹原市本町1-1-1
TEL:0846-23-5100

 

広島竹原の穴場スポットを発見!

町並み保存地区を散策中に素敵なギャラリーを発見したのでご紹介します。

スポンサーリンク

こちらは34年間趣味で木工細工をされてこられた方のギャラリーです。ギャラリーでは木製のおもちゃや置物などが季節に合わせて展示されていました。

アレンジや明かりなどがとても工夫されていて、木の温かみが伝わってくるとても心地よいギャラリーでした。

オーナーさんがおもちゃを動かしてくれるので、きっとお子さんも大喜びですね!

竹原町並み保存地区を訪れた際はぜひこちらのギャラリーを覗いてみてください!

ゆめ工房 登夢思野
場所:竹原町並み保存地区内 大瀬宅横塩蔵にて
開催日:毎週金・土・日及び祝祭日
時間:11:00~16:00

 

うさぎの島広島県大久野島へのアクセス

最近SNSでうさぎ島と呼ばれ話題になっている島があります。正式名称は大久野島。島全体が休暇村になっています。

現在島内には700羽のうさぎが生息しており、うさぎとたっぷりふれあうことができます。

島内は一般の車の通行が禁止されているため、小さなお子さんも安心して遊ぶことができますね。

しかし大久野島には暗い歴史があります。ここは第二次世界大戦中毒ガスの製造が行われ、地図にも載っていない島でした。

島内には資料館や遺跡などがあります。平和の尊さを学ぶいい機会になるかもしれませんね。

大久野島へのアクセスですが、大久野島は忠海港から船で15分のところにあります。船は大三島フェリーと休暇村の客船の2種類が運航しています。運賃は片道310円で大久野島では送迎バスが港まで迎えに来てくれています。

忠海港は竹原から車で15分、電車だと3駅のところにあります。忠海港には駐車場が2つあるのですが、週末はかなりいっぱいです。駐車場を探すのに時間がかかるため、忠海港へは余裕を持って早めに到着しておかれることをオススメします

休暇村大久野島
https://www.qkamura.or.jp/ohkuno/
住所:広島県竹原市忠海町大久野島
TEL:0846-26-0321

 

おわりに

広島のオススメ穴場観光スポットの後編は広島県竹原市の町並み保存地区と大久野島へのアクセスをご紹介しました。

本当は大久野島での体験もレポートしたかったのですが、旅の途中で時間切れとなってしまい、筆者は友人夫婦を大久野島に送り届けてすぐに次の目的地である大三島に向かったのでアクセスだけのご紹介となってしまいました。

次回広島を訪れたときは島内の様子をお届けいたします。

 

今回の旅行概要

行き:神戸(新快速)→姫路(新幹線)→三原(各駅停車)→西条(各駅停車)→広島(各駅停車)→西条

帰り:西条(車)→竹原(車)→忠海(船)→大久野島(船)→大三島(この先は別の用事がありました)

友人夫婦の家に宿泊し、車も出してもらったので、上記の交通費以外でかかった経費は食費と広島市内の路面電車の運賃で合計15,000円ほどでした。

 

★広島のその他の観光スポットまとめ★

コメント

down

コメントする




自己紹介

運営者の吉田あいです。

日々の体験談や、興味あることについてのまとめ記事を書いています。常に笑顔でポジティブ思考です♪コメント随時お待ちしています!よろしくお願いします(^▽^)/

よく読まれる記事



お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!