SoraDanChi

ママライターがお役立ち情報をご紹介しているブログ

5ヶ月の赤ちゃん 8ヶ月の赤ちゃん 10ヶ月の赤ちゃん 1歳の子供 2歳の子供 3歳の子供 9月行事

お彼岸の常識!由来や期間、お墓参りの仕方について

投稿日:

 お彼岸といえば、お墓参りやおはぎなどを連想しますね。

子供の頃に親や祖父母に連れられてお墓参りに出かけた方も多いのではないでしょうか。しかし、お彼岸の意味を知っている方、自分から進んでお墓参りに行く方、お墓参りの仕方を知っている方となると、限られてくると思います。

お彼岸のお墓参りは、面識のあるご家族ご親戚に限らず、ご先祖様の供養をするという大切な意味があります。

ここでは、お彼岸はそもそも何か、何をするのかなど、お彼岸に関する常識をお伝えします。

お彼岸とはそもそも何?由来は?

「彼岸(ひがん)」という言葉はそもそも仏教の言葉で、「煩悩を脱した悟りの境地」を指します。

日本での解釈は、生死を分ける三途の川を挟んで、私たちが生きて暮らしている世界を「此岸(しがん)」、亡くなった人たちの世界を「彼岸(ひがん)」ととらえています。此岸は東、彼岸は西に位置すると言われています。

1年の間には昼と夜の時間が同じ日が2回あり、春分の日(3月)と秋分の日(9月)がその日にあたります。太陽が真東からのぼって真西に沈む日なので、彼岸と此岸がもっとも通じやすい日になると考えられ、先祖供養をするようになったと
言われています。

また、春分と秋分に先祖供養をするようになったのは、日本古来の習慣にさかのぼるとも言われています。

日本には古来から「自然界のすべてのものには神が宿る」という宗教観がありました。種まきをする春に五穀豊穣を先祖に祈り、収穫をする秋に先祖に感謝する儀式があり、これがお彼岸のお墓参りにつながったとも。

 

お彼岸の期間はいつからいつまで?

春のお彼岸は、春分の日を中日(なかび)としてその前後3日間
秋のお彼岸は、秋分の日を中日としてその前後3日間

つまり、1年に春と秋の2回あって、それぞれ7日間ずつということになります。

それぞれの始まりの日を「彼岸入り」、終わりの日を「彼岸明け」と呼びます。

【注意!】

お彼岸の期間は、クリスマスやお正月のように何月何日とは決まっていません。春分の日も秋分の日も年ごとに異なりますので、カレンダーに注意してください!

 

お彼岸は何をするの?お墓参りの仕方は?

夏のお盆はご先祖様の霊を家にお迎えしてもてなすという行事ですが、お彼岸はこちらからご先祖様に出向いて(お墓参りをして)感謝する、またご先祖さまにあの世での苦しみや悪いことがありませんようにと祈り、供養するという意味があります。

お墓参りの仕方

【持ち物】
●線香
●ろうそく
●マッチかライター
●しきみやお花
●お供え物 (お菓子や果物、故人の好きだったもの等)
●掃除用具(墓石掃除用のブラシやほうき、ごみ拾い用の軍手やゴミ袋など)

派手な服装は避け、まず墓苑管理者、お寺の墓地の場合は住職にご挨拶してからお墓に移動しましょう。

お参りする前にまずお墓を掃除します。ゴミや雑草をきれいにし、墓石についた苔や汚れはたわしなどでこすり落とします。

ろうそくに火をつけ、そこから線香に火をつけてお供えします。地域や宗派によって供え方が様々なので、事前に親戚などから作法を聞いておくのが無難ですね。

お線香の火を消す時、息を吹きかけるのはやめましょう。必ず手で仰いで消すようにします。

墓石に水をかけます。ただ、これも地域や宗派で作法が違うので、事前確認しておきましょう。

 

次にお花やお菓子、お酒などをお供えします。
お菓子などは直接置かないで器か折りたたんだ半紙の上に乗せます。水鉢にきれいな水を入れます。

最後に墓石の前で手に数珠をかけて手を合わせ、ご先祖様の冥福をお祈りします。この順番は故人に親しい人からになります。

帰る時は、果物やお菓子などお供えしたものを持ち帰りましょう。お花は、霊園の方で処分しない場合は自分で持ち帰ります。

手桶やひしゃくなど借りたものがあれば元の場所に戻して、管理事務所あるいは住職に挨拶をして帰ります。

 

お彼岸のお墓参り、子どもは連れていってもいい?

昔は小さな子どもや妊婦はお墓参りをしてはいけないという迷信のようなものがあったようですが、特に根拠があるわけではなく、何の問題もありません。

最近では仏壇のある家も少なくなり、お墓参りに行く人も減っていると言われていますが、子どもたちも一緒にお墓参りをして、掃除をしたり、お供えをしたり、ご先祖様の話をしたりする中で、いのちの大切さやご先祖様に感謝する気持ちなどを自然に感じられる貴重な機会になります。

ぜひご家族そろってお出かけください。

 

おわりに

いかがでしたか?

お彼岸はもともと大地のめぐみを自然やご先祖に感謝するならわしから始まったもの。

お墓参りを通じて、「いまの自分があるのはご先祖様がいてくれたから」と感謝の気持ちを持って、自分の人生を大切に生き、他のいのちも大切に慈しむ心をお子さんにも伝えていきたいですね。

-5ヶ月の赤ちゃん, 8ヶ月の赤ちゃん, 10ヶ月の赤ちゃん, 1歳の子供, 2歳の子供, 3歳の子供, 9月行事
-, , , ,

執筆者:

関連記事

新江ノ島水族館は赤ちゃん連れでも楽しめる?授乳室完備って本当?

赤ちゃんを連れてのお出かけはとても楽しいものですが、下調べや準備をしないといざと言う時にあたふたしてしまいますよね。 新江ノ島水族館は赤ちゃんと一緒に海の生き物を見られる人気のお出かけ先ですが、安心し …

自転車専用の横断帯にベビーカーはOK?警察の人の見解

自転車横断帯にベビーカーはOK?警察の見解

私は出産とともに、広い間取りのマンションに引っ越したのですが、最寄り駅に行くのに困ったことになりました。 最寄りの駅に行くのに一番近い道が、スロープのない歩道橋を渡るか、自転車専用の横断歩道を使うしか …

保育園や幼稚園の夏の行事に赤ちゃん参加はOK?

赤ちゃんを子育て中のママの中には、上の子は幼稚園や保育園に通っているという方も多いのではないでしょうか? 通常の行事のある時も大変なのに、夏場に「夕涼み会」とか「夏祭り」などの行事を行う園もあります。 …

ハロウィン衣装は子供の手作りで!魔女ドレスを簡単に作る方法

ハロウィンの仮装の定番、黒い魔女。 魔女の衣装を検索してみると、まるでアイドルのようなおしゃれな魔女のドレスもあれば色っぽいドレスもあり、マントあり、一口に魔女といってもさまざまな種類がありますね。し …

ハロウィン衣装は家で手作りしよう!新聞紙で簡単ドレス!

すっかり季節の行事として定着してきたハロウィン。 毎年あちこちでアッと驚くような仮装をしているのがテレビやインスタグラムなどで紹介されていますね。 手間暇かけて自分で準備をする場合もあるでしょうし、さ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です