SoraDanChi

ママブロガーが役立ち情報をご紹介しています

6月行事 7月行事 8月行事

紫外線アレルギーの怖い症状と対策・予防法

投稿日:

食べ物や虫などが原因になる事の多いアレルギーですが、日光による紫外線がアレルギーの原因となる事があります。

普段の日焼けとちょっと違うな・・・と思ったら、それはアレルギーかもしれません。

紫外線アレルギーがどんなものかを知り、対策を考えていきましょう。

紫外線アレルギーの怖い症状

普段、紫外線があたる事により、肌が赤くなったり黒くなったりしますね。

紫外線に長時間あたる事によって、シミ・しわ、重傷化すると火傷の状態になったり皮膚がんの原因になったりと、紫外線による影響は多くあります。

しかし、通常と同じくらいの日光に当たった後に

・赤くなる

・じんましんなど痒みを伴う発疹

・水ぶくれ

・かぶれ

などの症状が出てしまったら、それは紫外線アレルギーかもしれません。

 

紫外線アレルギーは、名前の通り、紫外線が原因となり起こるアレルギーです。

花粉症や他のアレルギーと同じように、突然発症するもので、今まで普通に浴びていた量の紫外線を、身体の中の抗体が急に有害なものと認識する事により、抗体が多く作られアレルギー症状が出てしまいます。

また、服用している薬により、紫外線アレルギーが引き起こされる事もあり、内因性・外因性であろうと、誰しもなりうるアレルギーです。

 

紫外線アレルギーの症状は、皮膚だけでなく

・頭痛

・吐き気

・発熱

などの症状があらわれることがあります。

日光に当たった後に、皮膚にいつもと違う感じがあったり、原因の分からない頭痛などがあったら、一度、皮膚科へ相談をする事をおすすめします。

 

紫外線アレルギーの怖い目の症状と対策・予防法

紫外線アレルギーは、前述したように、皮膚の症状や頭痛などの症状があらわれますが、目にも症状がでてしまうことがあります。

紫外線アレルギーの目の症状には

・目の充血

・目の痒み

・目の異物感

・涙の量が増える

などがあります。

目は直接日光に当たる訳ではないですが、紫外線によるダメージが多い場所の一つになります。

身体の臓器は身体の中にあるため、皮膚などで守られていますが、目は直接外気に触れ、紫外線に直接当たってしまうため、ダメージが大きくなってしまうのです。

 

また、肌は赤みやシミ・しわなど分かりやすダメージが出るため、日焼け止めなどで対策をされる方が多いかと思いますが、目は紫外線対策が忘れがちな場所のため、気がついたら大ダメージを負ってしまっている場合があります。

紫外線が目に入ってしまう事により、アレルギーが発症してしまう事もそうですが、目に入った紫外線によりダメージを受けて、脳が全身で紫外線を浴びたと勘違いし、皮膚のメラニン色素が増えてしまいます。

そのため、肌を日焼け止めなどでガードしても目から入る紫外線の影響でシミ・しわなど紫外線の影響が全身にあらわれてしまいます。

 

紫外線アレルギーの上手な対策・予防法

紫外線アレルギーを予防する方法をご紹介しますが、まず一番に「紫外線を浴びない」を心がける事が必要です。

アレルギーはなかなか治りにくくとても厄介なものです。

ならないようにするためにも、日頃から紫外線をなるべく避けるよう、心がけましょう。

 

洋服などで肌をガードする

紫外線に当たる時間を減らすためには、洋服で肌をガードする事がとても簡単な方法です。

夏の暑い中、長袖を着るのはちょっと辛い・・・と考えてしまいますが、アレルギーを予防するためには紫外線に直接当たらないようにすることが大切です。

さっと羽織れるカーディガンや、意外と露出してしまっている首筋には薄手のストールなどを巻くのも良いでしょう。

最近は、UVカット仕様の羽織ものが出てきているので、普段のコーディネートに1枚加えてみてはいかがでしょうか。

 

日傘をさす

外出で歩く際は、日傘をさすのも紫外線アレルギー予防には効果的です。

日傘は様々なデザインのものが売られていますが、一般的には白か黒のものが多いかと思います。

白い色は紫外線を跳ね返し、黒い色は紫外線を吸収します。

そのため、傘の色は白に近い方が、紫外線をより遮断できます。

また、最近では遮光率が高いものが売られています。

アレルギー予防のためにも、なるべく高い遮光率のものを選びましょう。

 

日焼け止めを塗る

暑い時期には洋服で紫外線対策をするのは、限界があります。

その際は、日焼け止めを肌に直接塗る事で、洋服で隠れていない部分の紫外線対策をしていきましょう。

日焼け止めには、「紫外線吸収剤」を使用したものと、「紫外線散乱剤」を使用したものがあります。

一般的な市販品は、「紫外線吸収剤」を使用したものになり、紫外線を防ぐ力が強力です。

「紫外線散乱剤」を使用しているものは、ノンケミカルと呼ばれるもので、赤ちゃんや肌が敏感な人にも使えます。

どちらを使用するにせよ、しっかりとガードするには定期的な塗りなおしが必要ですよ。

 

サングラスやコンタクトレンズで目を守る

前述の通り、紫外線アレルギーは目にも症状があらわれるので、目を守る事もとても大切です。

UVカット率の高いサングラスを利用するのも良いでしょう。その際、色の濃すぎるサングラスは瞳孔を開かせてしまい、紫外線が目の中へ多く入ってしまいます。

そのため、なるべく色の薄いものを選びましょう。

また、コンタクトレンズにはUVカット機能があるものも多く出ています。目に直接入れるものなので、眼科医の指導のもと、自身にあったコンタクトレンズを着用しましょう。

 

終わりに

紫外線アレルギーの怖さは、突然発症し完治しにくいというところにあります。

ですが、アレルギーの予防法は様々あります。

天候やライフスタイルにあった方法で、紫外線アレルギーを予防しましょう。

また、何だかおかしいな・・・と感じたら、早めに医療機関に相談しましょう。

 

-6月行事, 7月行事, 8月行事
-, , ,

執筆者:

関連記事

熱中症対策!水分補給もできる絶品手作りアイスはいかが?

小さな子供を持つお母さんたちの夏の心配事の1つ、熱中症。 夏になると必ず熱中症のニュースを目にしますが、これだけ多いともはや他人事ではありませんよね。水分と塩分の補給が大事とわかっていても、子どもはな …

食中毒が赤ちゃんに感染しないための予防と対策とは?うつると危険!

日本の夏は、暑くてじめじめして本当に過ごしにくい季節ですね。 しかし、食中毒菌にとっては繁殖するのに最も適した季節です! いったん食中毒にかかると、下痢や嘔吐で大人でさえ辛いものですが、抵抗力の弱い赤 …

夏休みの旅行は家族で体験できる伊豆に決定!

伊豆には、家族で制作体験できるところがたくさんあります。 心を込めて作った器は、旅の思い出とともに一生の宝物になります。 静かな山麓には陶芸やガラスの工房が点在していて、心ゆくまで制作体験したら、家族 …

赤ちゃんの夏の水遊びはいつから?おすすめ場所!

とにかく暑い夏。あまりにも暑いと、プールや海に出かけて泳ぎたくもなりますよね。 しかし、子供がある程度大きくなればどこでも出かけられますが、赤ちゃんだとプールはオムツがはずれるまでは無理、海もまだ難し …

モロヘイヤを使った離乳食レシピ!嬉しい栄養と効能とは?

「野菜の王様」と言われるモロヘイヤ。 その栄養と効能はあらゆる野菜の中でもトップクラスです。 ぜひ赤ちゃんの離乳食にもうまく取り入れていきたいですね。産後のママの体力回復にももってこいです。 ここでは …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!