5ヶ月の赤ちゃん 8ヶ月の赤ちゃん 10ヶ月の赤ちゃん 1歳の子供 7月行事

赤ちゃんの便秘は夏に多い!?原因は母乳かも?

投稿日:

夏は便秘になってしまう赤ちゃんが少なくないのをご存じでしょうか?

確かに汗をいっぱいかくので、赤ちゃんの体の水分が少なくなるからかな?くらいはなんとなくわかるのですが、実際便秘になってしまったらどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、夏に赤ちゃんが便秘になってしまう原因や対策をご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの便秘が夏に多い原因の一つは母乳

1.赤ちゃんの水分が不足している

たたでさえ赤ちゃんは汗っかきですが、夏の朝、目が覚めると頭に汗をびっしょりかいて、肌着もシーツも汗でびしょびしょということはありませんか?授乳中も大量の汗をかきますし、外出しても汗びっしょり。赤ちゃんが夏にかく汗の量は半端ではありません。

水分が不足するとうんちが固くなってしまい、排便しづらくなります。

2.赤ちゃんの身体が冷えている

室内のエアコン温度は、赤ちゃんにとって適温でしょうか?

また、あまりに暑いからと冷たい麦茶などを赤ちゃんに与えたりしていないでしょうか?

室内温度が低い事、または飲食物によって身体が冷えると血行が悪くなり、腸の動きも悪くなって、結果便秘になってしまいます。

3.ママの食生活(母乳で育てている場合)

ママの食生活によって母乳の質が悪くなり、それが赤ちゃんの便秘の原因になってしまう場合もあります。

肉や乳製品、甘いもの、脂っこいものが多い食事は、ドロドロとした母乳になって乳腺が詰まり母乳の出が悪くなり、赤ちゃんにとっても消化しにくくなります。そうなると、腸にうんちがとどまる時間が長くなり便秘になってしまいます。

さらにママが水分を十分補給できていないと、さらに悪くなります。

 

夏に多い便秘の赤ちゃんに良い解消法とは?

1.様子を見ながらこまめに水分補給をしてあげましょう

一般的には、離乳食が始まるまでは赤ちゃんの水分補給は母乳やミルクだけでよいと言われていますが、汗をたくさんかいて明らかに喉が渇いているような時(お昼寝後、お風呂あがりなど)や、母乳やミルクを嫌がる時などは、白湯や麦茶を様子を見ながら少量ずつあげてみてください。

スポンサーリンク

飲ませる量は特に決まっているわけではありませんので、赤ちゃんが飲みたいだけ飲ませてあげましょう。

十分水分が摂れたと感じたら、赤ちゃんは自然と飲むのをやめて、それ以上哺乳瓶やマグを近づけても見向きもしなくなります。

あまり「水分を摂りすぎると母乳やミルクを飲まなくなってしまうのでは?」と心配しすぎることはありません。

 

2.赤ちゃんの体が冷えすぎないように気をつけましょう

■エアコンを上手に使って、室内を適温に保つようにしましょう。

室内温度を28度に設定するのが一般的なようですが、最近では外の気温マイナス5度を目安にするケースも増えてきたようです。

やみくもに28度に設定したのでは、赤ちゃんにとって本当に快適かどうかはわかりませんので、様子を見ながら温度を設定しましょう。

■赤ちゃんの衣服などで体温調整をしましょう。

室内は自分で温度調節ができても、買い物でスーパーに行った時などはエアコンがききすぎて寒く感じることも多いです。急な温度差は風邪にもつながり、血行も悪くなってしまいます。

外にいる時はシャツ一枚で靴下もはかずに過ごすこともあると思いますが、外出の際は靴下や薄手のカーディガンなどを持参するとよいです。

また、赤ちゃんが寝ている時にお腹や足が冷えたりしないように、スリーパーや腹巻をうまく使いましょう。

■赤ちゃんのお腹をマッサージして、腸を温めてあげましょう。

冷えからくる便秘には、お腹を優しくマッサージすると効果的です。

赤ちゃんのお腹に優しく手を当て、大腸付近を「の」の字を描くように時計回りに優しくなでます。こうすると便の流れがよくなります。

 

3.ママの食生活を見直してみましょう

母乳育児をしている時は、食生活を大切にしてください。

肉や乳製品にも赤ちゃんの成長に必要な栄養が含まれていますので、まったく食べないのではなく、野菜や海藻なども意識して摂り、バランスの良い食事を心がけましょう。

和食中心の食事は血液もサラサラになり、質のいい母乳につながります。

■母乳の質をよくするための食事のポイントは?

「まごわやさしい」を意識して毎日の食事に取り入れてみてください。

「ま」…豆類(納豆、みそ、厚揚げ、油揚げなど)
「ご」…ごまなど種実類(くるみ、えごま、アーモンドなど)
「わ」…わかめなど海藻類(ひじき、昆布、のりなど)
「や」…野菜(旬のもの、地場のものがよい)
「さ」…魚などの魚介類
「し」…しいたけなどキノコ類(えのき、舞茸、しめじなど)
「い」…いも類(じゃがいも、さつまいもなど)

 

おわりに

いかがでしたか?

便秘の原因は、ここにあげた以外でも赤ちゃんの体質だったり、ミルクとの相性だったり、またさまざまな要素が合わさって起こることもあります。

何日も出ていなくても、赤ちゃんが機嫌よくミルクや母乳を飲んでいるならそんなに気にすることもないですが、もしいつもぐずって機嫌が悪いようなら、早めに原因を把握してできるだけ早く便秘をすっきりさせてあげましょう。

スポンサーリンク

-5ヶ月の赤ちゃん, 8ヶ月の赤ちゃん, 10ヶ月の赤ちゃん, 1歳の子供, 7月行事
-, , , ,

執筆者:

関連記事

夏の赤ちゃん連れバーベキューは参加する?しない?

夏になると、親戚や友人、ご主人の会社仲間などからバーベキューのお誘いを受けることもあるのではないでしょうか。小さな赤ちゃんのいるご家族は参加すべきかどうか、非常に悩むところです。せっかく誘ってもらった …

赤ちゃんの紫外線対策に◎目や肌を守るグッズ

スポンサーリンク 暖かくなり、外出が楽しくなる時期に気になるのが紫外線。 紫外線は大人のお肌にとっても大敵ですが、赤ちゃんにも悪影響がありそうですよね? ぷるぷるの赤ちゃんの肌を守る紫外線対策をご紹介 …

子供の夏休みにはジャム体験してみよう!楽しい軽井沢旅行

スポンサーリンク 夏休みは子供と一緒にジャム作り体験をしてみてはいかがでしょうか。 軽井沢では、緑に囲まれた力フェの一角で、自然派ジャム屋さん直伝のジャム作りを体験することができます。 余計なものを一 …

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを設置して後悔!?

TOKAIのウォーターサーバーうるのんを設置した、しまジー(23歳 男性)さんの体験談をご紹介します。 赤ちゃんが生まれたことをきっかけにうるのんを設置したようなんですが、後悔していることがあるそうで …

秋は栗の渋皮煮を作ろう!砂糖不使用の甘酒レシピも公開!

スポンサーリンク 栗の渋皮煮をご存じですか? 旬の栗が出回った時に、もしおいしい食べ方を聞かれたら、私はこれを一番におすすめします! 一口食べれば栗が優しく甘くて柔らかくて、もうやみつきになります。熱 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!