SoraDanChi

ママブロガーが役立ち情報をご紹介しています

6月行事

梅雨時期のお出かけに便利な湿気対策9選

投稿日:2017-05-11 更新日:

梅雨の時期は、天気のせいか気持ちが落ち込んだり、空気がじっとりとしていて、重苦しい気分になりますね。

少しでも気分を晴れやかに出来るような、梅雨時期のお出かけにべんらな湿気対策をご紹介します。

梅雨時期のお出かけの湿気が憂鬱になる理由

梅雨時期や肌寒い季節などは、やる気が出なくなったり、気分がふさぎ込んだりする方もいるのではないのでしょうか。

人間の身体は、日光を浴びる事により体内時計が整えられます。体内時計は整う事により、日中は活動的になり、夜は眠くなるというサイクルが出来上がります。

夜に眠くなる=メラトニンというホルモンが増えているからなのですが、このメラトニンは脳でセロトニンというホルモンから合成されています。

このセロトニンは、日光を浴びる事で活性化します。

つまり、日光を浴びる→セロトニンが活性化し、夜に眠くなるというサイクルが出来るのです。

また、このセロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれ、セロトニンが少ないと、意欲が低下したり、気分が落ち込みやすくなると言われています。

日光を浴びてセロトニンを増やす事で、日中は活動的になり夜は休息をしっかりとることができるのですが、日光を浴びる時間が少なくなる梅雨時期や天気が優れない日が続くと、このサイクルが崩れ、不眠や気分の落ち込み、やる気の低下などに繋がるのです。

このため、梅雨時期の気分の落ち込みなどは、誰にでも起こりうるものなのです。

梅雨の時期は、いかに日中は活動的にかつ快適に過ごし、夜はしっかり眠るというサイクルに出来るかが、梅雨時期を元気に乗り切る肝となるのです。

 

梅雨時期のお出かけに便利な湿気対策グッズ

朝、通勤中に雨に濡れるだけで、その日1日が憂鬱な気分になってしまいますね。

梅雨時期の通勤に一工夫をして、少しでも快適な通勤をしてみませんか。

日中、快適にかつ活動的に過ごす事で、夜の快適な睡眠にも繋がってきます。

まずは、雨に濡れて不快にならないようにするための、おすすめの方法をご紹介します。

 

レインコートを着る

参考:(アウトドアプロダクツ)OUTDOOR PRODUCTS OUTDOORレインコート

洋服が濡れるのを防ぐには、レインコートが一番です。

レインコートは、ポンチョタイプと上下セパレートタイプがありますが、足下が濡れるのを防ぐのは、上下セパレートタイプがおすすめです。

少量の雨であれば、レインジャケットでも良いでしょう。

着脱が楽ですし、通勤以外にもアウトドアや野外フェスにも使えるようなものが多いので、1着あって損はないでしょう。

ただし、電車などに乗る際は、濡れたレインコートは脱いで鞄にしまうなどして、濡れたレインコートを着たまま乗り物に乗るのはやめましょう。

周りの人が濡れてしまい、不快な思いをさせてしまいますよ。

レインジャケットはタオルなどで水気を拭いてから、乗り物に乗りましょう。

 

シューズカバーを使う

参考:アマゾン

靴から雨水が染みて、靴下や足が湿ってしまうと、とても不快ですね。

しかも、靴下を履き替えても、靴はなかなか乾かないので、帰宅時まで湿っている事も。

レインブーツも雨の日には最適ですが、夏は蒸れて暑かったりと、快適とは言えない場合もありますね。

シューズカバーは普段の靴にかぶせるだけなので、靴や服装を選びませんし、帰宅時に雨がやんでしまったら、普段の靴で歩けるという利点があります。

 

防水スプレーを使う

参考:アマゾン

鞄、靴などの防水には防水スプレーをしておくのが良いでしょう。

軽く雨水を払うだけで、水滴を落とす事が出来るので、靴はもちろんですが、鞄や洋服がびしょ濡れになる事を防ぎます。

ただし、皮用や布用など、素材専用のものを使用しないと、シミになったり効果が発揮出来なかったりする事があるので、素材にあったものを使用するようにしてください。

水だけでなく、汚れも付きにくくしてくれたりと、靴や鞄を長く使うために重宝するものなので、雨の日だけでなく、定期的なお手入れの一環として、防水スプレーを使用する事をおすすめします。

 

シューズ乾燥機を使う

参考:USB急速シューズ乾燥機 

男性の方は、通勤にレインブーツを履けば濡れずに済むのでしょうが、どうしても革靴をはかなければならないことがほとんどかと思います。

そんな方に便利なのがシューズ乾燥機です。

靴の濡れ具合にもよりますが、4時間程で乾くようです。また、USBコネクタで給電が出来るので、オフィスで乾かす事も出来るのではないでしょうか。

ただし、すぐに乾く訳ではないので、乾かしている間に履く社内履きや2足目の靴を準備したり、靴下の替えを持ってくるなど、雨の日用に準備をしておくのが良いでしょう。

 

傘の吸水グッズを使う

参考:楽天市場

電車などに乗っていると、雨に濡れた傘で周りの方を濡らしてしまったり、逆に傘の先から垂れた滴で靴を濡らされてしまったなどの経験はないでしょうか。

傘の水滴をしっかり払う事は大切ですが、急いでいるとついそのまま乗り込んでしまう事もあるかと思います。

傘をしっかりケースに入れてしまえば、周りの方を濡らしてしまう事がなくなりますね。

また、傘立てに入れている時も、ビニール傘など見分けがつかなくなることも防止できます。

 

梅雨時期のお出かけ前に有効な湿気対策

梅雨の時期の帰宅後の過ごし方をご紹介します。

すっきりと翌朝を迎えられるよう、一手間加えてみてはいかがでしょうか。

 

靴、洋服を乾かす

通勤時や帰宅時に靴や洋服が濡れてしまったら、その日のうちに乾かしてしまいましょう。

まず靴は、靴の乾燥機などで乾燥させるのが一番早く乾きますが、持っていない方は新聞紙やキッチンペーパーを詰めて湿気を吸わせた後に、ドライヤーで風を当てて乾かすのも良いでしょう。

乾燥のし過ぎで傷む革靴などは温風の当て過ぎは避けてくださいね。

洗える洋服が濡れてしまったら、そのまま洗ってしまえば良いのですが、すぐに洗えないものや、明日も着る予定のあるジャケットやコートなどが濡れてしまった時は、水分をタオルなどで拭き取り、風通しのよいところで乾かしましょう。

扇風機を使うと効率的に乾きます。

その際、除菌成分の入った消臭スプレーをかけてから乾かすと、臭いなどが抑えられます。

 

部屋を除湿する

じめじめとした部屋は、とても不快ですよね。

そんな時は、除湿をしましょう。

湿気が高い状態が続くと、カビ菌やダニが繁殖しやすくなり、アレルギーや咳の原因になったりと身体に良くありません。

おすすめは、除湿器を使う事です。

除湿器を使えば、部屋もカラッとしてフローリングや畳のべた付きを抑えられますし、何より洗濯物も天気に関係なくガンガン乾きます。

除湿器がない方も、エアコンの除湿機能を上手に利用し、部屋を除湿してみましょう。

 

睡眠を取るためにしっかりリラックスする

照明の明るさを落としてみる、お風呂にゆっくり浸かる、軽いストレッチをする、好きなアロマの香りを嗅ぐ、暖かい飲み物を飲んでみる・・・など、自分にあったリラックス方法を実践してみましょう。

梅雨時期は自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経のバランスが正常でなくなる事が多くなります。

夜は副交感神経が優位になるよう、リラックス出来る環境を作る事が大切です。

しっかりと眠る事によって、体内時計が整い、翌日、しっかりと活動が出来るようになります。

 

食事でセロトニンを増やす

前述をしたように、梅雨時期は日光を浴びる時間が少なくなるため、セロトニン自体の生成が少なくなり、気分が落ち込むといった梅雨時期特有の気分になってしまいます。

セロトニンは口から摂取するものによって、増やす事が出来ます。

牛乳やチーズなどの乳製品、豆腐、納豆などの大豆製品などの「トリプトファン」を多く含む食品、魚類やバナナなどに含まれる「ビタミンB6」、お米や穀類の「炭水化物」は、セロトニンを身体の中で合成する際に、必要な栄養素となります。

他の食品と一緒のバランス良く摂取して、セロトニンを増やしていきましょう。

 

最後に

梅雨時期は誰しもが不快な気分になりがちな季節です。

ご紹介した方法で少しでも快適に過ごせるように、また雨でも少しでも明るい気持ちで過ごせるよう、梅雨の時期を過ごせると良いですね。

 

-6月行事
-, , , ,

執筆者:

関連記事

紫外線から子供の目を守る!病気と影響について

子供の紫外線対策として肌対策も必要ですが、 目を守ることも考えたいところですね。 日焼け止めや日傘で紫外線から肌を防御するのは、紫外線対策の常識ですが、意外と知られていないのが、目と肌の関係だったりし …

梅雨時期の洗濯は乾燥&脱水で万全対策を!

梅雨時期に赤ちゃんの育児をしていると、 洗濯は毎日しなければいけません。 しかも、赤ちゃんの着る服は綿100%で乾きにくい! いざ干そうと思っても、 雨の日が重なると憂鬱になりますよね。 少しでも水気 …

梅雨時期のお弁当は食中毒に注意!傷みにくくするには?

暖かくてじめじめした時期は、食中毒が気になりますね。 お弁当は、作ってから食べるまでに時間が空いてしまいますし、食べるまでに必ずしも涼しい場所で保管出来る訳ではありません。食中毒になりやすい環境で注意 …

梅雨に洗濯物を部屋干し!乾燥して臭いをなくす家電対策5選

赤ちゃんがいる家庭にとって、 梅雨の洗濯物の部屋干しは辛いですよね。 天日に干せないからこそ、 湿ったふとんを乾かすだけでなく、 湿気が多い時期に発生するダニ&カビ対策として使える乾燥機が便利です。 …

大人のあせもができやすい1位は首!?治らない原因と対策

大人のあせもに悩んでいるママって意外に多いようです。 私は妊娠前から胸まわりのあせもに悩まされていました。 「あせも」と、あせも予備軍ともいえる「汗による肌荒れ」は、早めに対処したいところですよね。 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!