SoraDanChi

ママブロガーが役立ち情報をご紹介しています

5ヶ月の赤ちゃん 7月行事

夏バテを予防するレシピ!食材や野菜は何が最適?

投稿日:

暑い夏にかかる夏バテ。
「だるさ」「食欲不振」「疲労感」などとにかく動くのが嫌になってしまいますよね。

こんな症状になる前に予防したいですよね。そこで、そんな夏バテを予防してくれるレシピをご紹介します。

 

夏バテ予防に効果的なレシピで使う食材や野菜とは

夏によく食べるそうめんは、喉越しが良く食欲が落ちていても食べやすいイメージですよね。でも実は、炭水化物しか摂取出来ず、予防の観点から見たら良い食材とは言えません。

炭水化物だけでは、体のエネルギーへと変換する効率が悪く、糖質過多となり逆にだるさを招く原因となります。

 

夏バテの予防には、炭水化物以外にも栄養価の高い食材が効果的です。良質なタンパク質、ビタミン、ミネラルを含む食材をバランス良く摂取することが必要です。

 

夏バテ予防に良い食材とは、下記のような栄養素を含む食材となります。
うなぎや豚肉などのビタミンB1
レバーや緑黄色野菜に多く含まれるビタミンA
にんにくや玉ねぎに含まれるアリシン
レモンや梅干しに含まれるクエン酸

 

昔から夏バテに効果的と言われる食材ですが、理にかなった食材ばかりです。上記のような肉、魚、野菜、果物をバランス良く食べ、夏バテを予防しましょう。

 

夏バテ予防のためのレシピには夏野菜を使いましょう

夏に旬を迎える野菜は、夏に栄養価が高くなります。
また夏野菜には体温を下げてくれる効果もあり、暑い時期にはピッタリ。

下記のような夏野菜を食べて、暑い夏を乗り切りましょう。

 

トマト
トマトが赤くなると医者が青くなると言われる程、栄養価が豊富です。
ビタミン類やミネラルは、体の調子を整えます。

 

きゅうり
ほとんどが水分で出来ているので、水分補給にもぴったりな夏野菜の代表格です。
きゅうりに含まれるカリウムには、体の水分バランスを整えるので、むくみ予防や二日酔いの際にも、食べたい夏野菜です。

 

ゴーヤ
独特の苦みが特徴の夏野菜で、スーパーに売られているだけでなく、グリーンカーテンとして、庭やベランダで育てていいる方も多いのではないでしょうか。
ビタミンCを豊富に含んでおり、加熱にも強い性質があります。

 

夏バテ予防に良い食材や野菜たっぷりのおすすめレシピ

○パパッと簡単♡夏野菜たっぷりキーマカレー

食欲のなくなる夏でも、カレーならば食べられそうですね。

参考サイト:https://cookpad.com/recipe/4010752

ひき肉 250~300g

玉ねぎ(みじん切り) 1個

(あれば)ニンニク、生姜 (みじん切り) 1片分くらい

カレールー 2かけ

水 300ccくらい

お好きなお野菜 適宜

かぼちゃ、ナス、ズッキーニ、オクラ、パプリカ、ミニトマト

1.フライパンに油をひいて、玉ねぎを炒める。

透き通ってきたら、ひき肉も加えて炒める。

2.ひき肉の色が変わったらカレールーと水を加えて混ぜる。トロミがついたら出来上がり。

3.かぼちゃはレンジで柔らかくしてからナス、ズッキーニ、パプリカと一緒にフライパンに油をひいて焼く。

オクラはさっと茹でる。

4.お皿にごはん、2のキーマカレー、野菜を盛り付けて出来上がり♡

 

○暑い日ランチに☆冷しゃぶサラダそうめん

夏にはやっぱりそうめん!
という方も、そうめん単品ではなく、お肉や野菜と一緒に食べると、夏バテ予防にぴったりです。

色とりどりの野菜を盛りつければ、食欲も湧きそうですね。

参考サイト:https://cookpad.com/recipe/2649475

そうめん 2束(100g)

豚薄切り肉 100g

グリーンリーフ 80g

もやし 100g

プチトマト 赤2個、黄1個

★合わせタレ

水 100ml

鶏ガラスープの素 小さじ1

みりん 大さじ1

醤油 大さじ1

酢 小さじ2

ゴマ油 小さじ1

ごま(白、黒お好きな方で。) 少量

ラー油 少量

1.★のゴマ油以外の、合わせタレ調味料を加え、レンジで30秒程加熱(500w)後、ゴマ油を加え混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やす。

2.もやしをサッと茹で、流水で冷まし水気をしっかり絞る。

3.2のもやしを茹でた後に、豚薄切り肉を軽く茹で流水で軽く灰汁などを流し水気を切る。

4.グリーンリーフを2~3センチ角に、プチトマトを4等分に切り、お好みで具材を冷蔵庫で冷やす。

5.そうめんを茹で、流水でぬめりをとりこしを出す。水気を良く切る。

6.盛りつけ☆そうめん→グリーンリーフ→もやしの順で乗せる。

7.盛りつけ☆豚薄切り肉→ごま→プチトマトの順で乗せる。お好みのもりつけでどうぞ♪

8.タレを半量ずつ、ラー油お好みの量をかけ完成☆

冷蔵庫にある、お好みの具材でもどうぞ。

 

○栄養満点*三色ねばねば丼

漢方にも使われる長芋は、ビタミンB群が含まれます。
また消化を助ける酵素や食物繊維のおかげで、胃腸に優しい食材です。

参考サイト:https://cookpad.com/recipe/1894609

オクラ 5~6本

納豆 2パック

長いも 10cm位

卵黄 2個分

白ゴマ 適量

めんつゆ 適量

ご飯 2人分

1.オクラは塩で揉み産毛を取り熱湯でサッと茹でて3mm幅位に切る。納豆は付属のタレを入れ良く混ぜる。長いもはする。

2.どんぶりにご飯をよそり、オクラと納豆と長いもを乗せ、真ん中に卵黄を落とし、白ゴマをふる。

3.完成です。食べる時にめんつゆをかけて召し上がって下さい。

 

○簡単ヘルシー!砂糖不使用甘酒アイス

ビタミン、アミノ酸、食物繊維が含まれ、「飲む点滴」と言われる甘酒ですが、実は夏の飲み物。
夏はやっぱり冷たいアイスが食べたい方には、甘酒アイスがおすすめです。もちろん甘酒を飲むだけでも、夏バテ予防にはぴったりです。

参考サイト:https://cookpad.com/recipe/1868464

甘酒(米と米麹だけでできたもの) 100g

牛乳 50ml

1.使用する甘酒は、酒粕から作る甘酒ではなく、米と米麹だけのものを使用。添加物や砂糖の入っていない甘酒がおすすめです。

2.甘酒を冷凍パックに入れて冷やします。甘酒は分離しやすいので、冷凍したものは力を入れると比較的簡単に割ることができます。

3.凍らせた甘酒100gに牛乳を50cc入れ、かき混ぜて完成!今回はミキサーを使いましたが、スプーンでも簡単にできます。

 

おわりに

夏バテ予防に良いレシピをご紹介しましたがいかがでしょうか?食材や野菜に気をつけるだけで夏バテを予防できるなら嬉しいですよね。

子供が小さいうちはバランスの良い食事を心がけてしっかり対策しましょう。

-5ヶ月の赤ちゃん, 7月行事
-, ,

執筆者:

関連記事

モロヘイヤを使った離乳食レシピ!嬉しい栄養と効能とは?

「野菜の王様」と言われるモロヘイヤ。 その栄養と効能はあらゆる野菜の中でもトップクラスです。 ぜひ赤ちゃんの離乳食にもうまく取り入れていきたいですね。産後のママの体力回復にももってこいです。 ここでは …

紫外線アレルギーの怖い症状と対策・予防法

食べ物や虫などが原因になる事の多いアレルギーですが、日光による紫外線がアレルギーの原因となる事があります。 普段の日焼けとちょっと違うな・・・と思ったら、それはアレルギーかもしれません。 紫外線アレル …

離乳食はいつから開始?5ヶ月頃の赤ちゃんの様子で判断

離乳食はいつから始めたら良いか迷いますよね。 母乳かミルクだけあげていれば良い時期は、 逆にとてもラクだったと思います。 離乳食、遅くしたほうがいいっていう人もいれば、 早くにあげて食に慣れさせたほう …

クリクラのお水の評判・料金!赤ちゃんのいるママによる体験談

クリクラのウォーターサーバーは、赤ちゃんがいるママにとって、お水や料金についてが気になるところです。 こちらで購入すれば最大9本が無料なので、どこよりもお得! 実際に使用されているtaiママ(28歳) …

子供が喜ぶうえにダイエットにもGOOD!バーベキューレシピ

夏といえば、海で、川で、山で、バーベキュー!!というご家族も多いのではないでしょうか。バーベキューと聞いただけで、大人も子供もワクワクしますよね。 でも、実はダイエット中というパパやママ、野菜嫌いとい …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!