旅行 7月行事 8月行事

子供の夏休みにはジャム体験してみよう!楽しい軽井沢旅行

投稿日:2017-05-25 更新日:

夏休みは子供と一緒にジャム作り体験をしてみてはいかがでしょうか。
軽井沢では、緑に囲まれた力フェの一角で、自然派ジャム屋さん直伝のジャム作りを体験することができます。

余計なものを一切加えないで、自分の目で作ったジャムは、フレッシュでやさしい甘さ。

子供にも安心して食べさせることができるので、一度体験してみてはいかがでしょうか。
軽井沢の観光スポットについて

スポンサーリンク

子供の夏休みにはジャム体験ができる旅行を!軽井沢で休むひととき

沢屋(さわや)で体験できるジャム作りはいろんなコースが用意されています。
http://www.sawaya-jam.com/jamkyoshitsu/japanese/

季節の果物を鍋ひとつでジャムにします。

材料はとてもシンプル。
軽井沢界隈で採れた旬の果物とグラニュー糖だけ。

 

スタッフが火加減やアクの取り方を丁寧に教えてくれるから、初めて作る方でも大丈夫。
窓の外の緑を眺めながら、のんびりコトコト煮込みます。
いつもとは違う時間が流れていきます。

スポンサーリンク

 

水も不使用、イチゴは果実をごろごろ残すプレザーブスタイル。
夏はブルーベリー、白桃、プルーンなどが登場するので、夏休みでもジャム作りを楽しむことが出来ますね。

 

ジャム作り体験の前後は、レンタサイクルでカフェめぐりしても楽しいですよ。

 

店舗情報 ※詳細はHPを参考にしてください
沢屋さわや
http://www.sawaya-jam.com/
TEL:0267-46-2400
長野県北佐久郡軽井沢町長倉塩沢702

こどうテラス9:30~16:00
レストランこどう11:30~15:30(14:30LO)、18:00~22:00(20:00L0)
火定休(祝の場合翌休)
※1月中旬~2月休業
予約可(ジャム作り体験教室、ディナーは要予約)
カード可
アクセス/JRほか軽井沢駅よりタクシーで約10分

 

子供の夏休みには体験ができる旅行を!軽井沢で美味しい野菜も◎

軽井沢発地市庭(かるいざわほっちいちば)という大型の直売施設が近年オープンしたので、ジャム作り体験のついでに寄ってみてはいかがでしょうか。
霧下野菜と呼ばれるやわらかいレタスやキャベツ、夏はトマトやトウモロコシなど新鮮野菜がずらり。
レストランやそば打ち体験室も併設されています。

 

軽井沢発地市庭
http://karuizawa.hotchi-ichiba.com/
TEL:0267-45-0037
長野県北佐久郡軽井沢町発地2564-1
営業時間 9:00~17:00
7/1~9/1の金・土・日・祝・祝前日、
8/10~16~20:00(直売所は~18:00)
無休
カード不可
アクセス/しなの鉄道中軽井沢駅よりタクシーで約10分

 

まとめ

東京駅から軽井沢までは約1時間10分、5910円で行くことができます。
都心からそんなに時間もかからず行ける軽井沢は、夏休みに子供と出かけるには最適。

森林浴しつつ、軽井沢で採れる旬の食材で美味しく食事してみてはいかがでしょうか。

その他、軽井沢の観光名所がまとまっている旅ノートも使えるので、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

-旅行, 7月行事, 8月行事
-, , ,

執筆者:

関連記事

バーベキューにキャンプ!使えるファミリーテントの選び方

スポンサーリンク キャンプやバーベキューで使えるテント。 実はテントでも、スタイルによって選び方が変わるんです。 王道のテントからタープ、居住性の高いツールームテントや個性的なトンガリ型まで。 ロッジ …

京都でインスタ映えするおすすめ穴場スポットとは?

外出した際は写真を撮ってインスタなどのSNSにアップする方が多いのではないでしょうか。 京都市北部に、SNS上で話題の、大人気の撮影スポットあります。京都八瀬大原瑠璃光院。ピカピカに光る床にもみじが反 …

トワイライトエクスプレス瑞風

トワイライトエクスプレス瑞風の料金や車内デザインの全貌

画像引用:トワイライトエクスプレス瑞風 公式ページ 2017年6月17日から、西日本でもクルーズトレインが走り出しました。 TWILIGHT EXPRESS 瑞風 MIZUKAZEです。   …

紫外線から子供の目を守る!病気と影響について

子供の紫外線対策として肌対策も必要ですが、 目を守ることも考えたいところですね。 スポンサーリンク 日焼け止めや日傘で紫外線から肌を防御するのは、紫外線対策の常識ですが、意外と知られていないのが、目と …

とびひは夏に赤ちゃんに多くうつる!?症状や治療予防について

スポンサーリンク 赤ちゃんのおむつかぶれ、虫さされ、小さな傷などから細菌感染し、そこから水泡がどんどん周辺の皮膚に広がっていく病気、「とびひ」をご存じですか? 高温多湿な夏場に特に注意したい赤ちゃんの …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!