赤ちゃんの子育てブログ

在宅ワークをしながら主婦として育児に奮闘する日記です。悩みをどう解決してきたか、少しでも他のママ達の役に立つ情報を書いていけたらと思います。

0ヶ月の赤ちゃん

授乳でちくびが痛い!いつまで続くの!?

投稿日:2017-03-26 更新日:

赤ちゃんが産まれてから初めての授乳。
赤ちゃんが乳首をくわえてくれて本当に嬉しい!感動!
のはずが、、

「乳頭がものすごく痛い!」
「いてててて、ちくびが痛すぎる!」
「この痛みはいつまで続くのー、もうやめて(泣)」
という悲惨な状態になってしまいました・・・

 

とはいっても、私の場合は1ヶ月半ぐらいで慣れましたけど。
あんなに痛かったのに、慣れた後では、
飲んでくれないとおっぱいが張って固くなってしまって、
「早くおっぱい吸ってー」という逆パターンに変わりました。

ほんとに不思議なものです^^;

そこで、私がどうやって乗り越えてきたかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

授乳のちくびの痛みを緩和する方法とは?

一ヶ月ぐらいで慣れるとはいっても、授乳のたびに痛いものは痛いですよね。
耐えるに耐えかねるところだと思います。

そこで私が有効だったのは、
ランシノーという塗り薬を乳頭に塗って、
サランラップをしてかぶせること。
私はこれを【ラップ湿布】って呼んでました。

ピュアレーンという塗り薬でもOK。

スポンサーリンク

ちなみに、とてもベトベトするので、
私はサランラップをうまく使って、
直接指で塗らないように乳頭に塗っていました。
病院で処方してもらえるし、ドラッグストアでも購入できます。

 

授乳してちくびが切れて痛くなった場合

乳頭が切れるとさらに痛いですよね(;´∀`)

片側の乳頭だけなら、
ケガした方はお休みしてみても良いと思います。

大丈夫なほうのおっぱいだけ使うとか。

看護婦さんによっては、
「切れても我慢して授乳!粉ミルクよりも授乳!」
とかって完全母乳を勧められたりするかもしれません。

 

いや・・・痛いものは痛いし、無理ー!
ということで、逃げても良いと思います。

私は割と柔軟に粉ミルクと混合してました。
耐えられそうかな、と思ったら再開して様子を見る感じです。

ママも赤ちゃんも上手に授乳&飲めるようになるまでには、
練習が必要なんだと思います。

粉ミルクより母乳のほうが赤ちゃんにとっては良いことだらけ!
っていうのも分かっています。
それはもちろん十分理解はしているんですが、
ママがストレスを抱えず、焦らずマイペースが一番だと思います。

 

まとめ

粉ミルク、母乳、それぞれ一長一短あるんですよね。

個人的には母乳は、慣れてしまえばとても楽です。
それに、なんといっても経済的!

でも、あくまでも私の考えですが、
粉ミルクと母乳と混合で使い分けながら、
母乳に徐々に慣れていくのオススメだと思います。

搾乳器を使う手もありますので、よかったら下記記事も読んでみてください。

無理せずに楽しく育児していきましょうね♪

 

 

 

スポンサーリンク

-0ヶ月の赤ちゃん
-, ,

執筆者:


  1. […] 授乳でちくびが痛い!いつまで続くの!? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

手動・電動搾乳器を使用した体験記

搾乳器を知ってから、早速購入してみようとは思ったものの、 手動と電動とがあるようで、どちらが良いのか迷ってしまいました。 スポンサーリンク 結果、私は手動を先に買って使ってみて、 手首が痛くなってきた …

赤ちゃんの汗対策!肌着や下着を上手に使おう!

赤ちゃんは、大人よりも汗っかき。 これから夏へ向けて、あせもなども心配になってきますね。 少しでも赤ちゃんには快適に過ごしてほしい! サラサラのきれいな赤ちゃん肌にあせもをつくりたくない! というママ …

出産準備品をヤフオクで落札した費用とリスト

出産準備品をヤフオクで落札した費用とリスト

スポンサーリンク 私は出産準備品を中古のセットで一気に購入しました。 ヤフオクで落札し、かかった費用とリストを書き出してみます。 とても便利だったので、もし私みたいに、 中古で十分!安く揃えたい!とい …

保育園や幼稚園の夏の行事に赤ちゃん参加はOK?

スポンサーリンク 赤ちゃんを子育て中のママの中には、上の子は幼稚園や保育園に通っているという方も多いのではないでしょうか? 通常の行事のある時も大変なのに、夏場に「夕涼み会」とか「夏祭り」などの行事を …

赤ちゃんにウォーターサーバーは安全なの?口コミ・評価!

コスモウォーターの口コミ・評判を見て、 実際に申し込んでみました。 赤ちゃんがいるので、飲むお水が安心できるのか、 写真付きでご紹介します。