SoraDanChi

ママブロガーが役立ち情報をご紹介しています

5ヶ月の赤ちゃん 8ヶ月の赤ちゃん 10ヶ月の赤ちゃん

赤ちゃんのしつこいあせもの治し方は?ベビーパウダーは使っていいの?

投稿日:

暑い時期は、あせもが気になる季節ですよね。汗っかきな赤ちゃんは、大人よりもあせもが出やすいんです。我が家の子供もあせもがすぐ出来て、治ったと思ったらまた新しいあせもが出来る、を繰り返しています。そんなしつこいあせもをきちんと治すための方法をまとめました。

赤ちゃんのあせもってなぜ出来るの?

気温が高くなると大人だけでなく、赤ちゃんも汗でびっしょりになりますね。赤ちゃんと大人は汗が出る汗腺の数が一緒って知ってましたか?

汗腺の数が同じなのに、体表面積が赤ちゃんは小さいため、大人より汗でびっしょりになってしまうのです。

しかも、大人であれば暑ければある程度、動きをセーブし、汗をなるべくかかないように出来ますが、赤ちゃんはおかまいなし!ズリバイ、ハイハイ、つかまり立ち、いろんな全身運動を気温に関係なく全力でするため、汗びっしょりになってしまいます。我が子もあちこち部屋を動き回り、冷房を付けてるのにこんなに汗が!?と驚かされる事もしばしばです。

あせもは汗をかいた皮膚に皮脂や汚れが付着し肌の表面で細菌が増えて汗腺がつまり、汗腺の周辺の皮膚に水泡が出来てしまった状態を言います。あせもには種類があり、一番多いのが紅色汗疹という赤みがかったあせもです。汗っかきな赤ちゃんに出来るあせもは、この紅色汗疹がほとんどです。

首の周りや、脇などの汗が溜まり、皮膚がこすれあう部分に出来やすいのが特徴。汗と汚れが溜まっている場所なんですね。

引用:http://www.uzuhc.co.jp/momo/woman/woman-what.html

この赤いあせもは、痒みが出やすいため、痒みでかきむしってしまい、とびひの原因にもなってしまいます。そのため、日頃のスキンケアとあわせて、しっかり治療することが大切です。

夏のシーズンは一度出来るとなかなか治りにくいあせもですが、根気よく治していきましょう。

赤ちゃんのあせもの治し方とは?ベビーパウダーで予防できるの?

まずはあせもの治し方です。前述のとおり、赤いあせもはなかなか治りにくいものです。あせもが出来てしまったら、まずは病院で見てもらいましょう

あせもは自然治癒でも治りますが、時間がかかる上に、痒みで赤ちゃんが辛い思いをしてしまいます。病院で塗り薬を処方してもらい、治療してあげましょう。病院は小児科でも皮膚科でもOKですよ。

我が家の子供はあせもが出来た際は、小児科で見てもらいました。まだ月齢も小さかったため、もしかしたらあせも以外の湿疹ではないかと疑いを持ったからです。治療や通院が長引くのを考慮して、通いやすい病院を選ぶと良いですね。

また、昔から夏場は赤ちゃんにベビーパウダーをよく使用していたようですが、毛穴を詰まらせると聞き、私は使った事がありませんでした。

ベビーパウダーはあせも予防に良いのでしょうか?調べたところ、良い・悪いの両論がありました。

良い点としては、汗の蒸散を促してくれる点、肌とのこすれ(摩擦)を少なくし肌のダメージを防げる点です。

汗の蒸散を促すので、肌に汗が溜まったままにならないようにしてくれて、あせもの予防になるようです。おむつのウエスト周りや股周りは汗で蒸れやすいので、ベビーパウダーをつけてあげるとさらっとするので、あせもだけでなくかぶれなどのトラブルも避けられます。

 

悪い点としては、つけ過ぎにより毛穴や汗腺がつまる点、舞い上がった粉を吸い込んでしまう点です。やはり量が多いと毛穴には良くないようです。あせもは汗腺のつまりが原因なので、つけすぎると逆にあせもが出来やすい肌になってしまいます。

 

また、粉を吸い込みすぎると、ぜんそく等の問題を引き起こすとも言われています。そのため、ベビーパウダーを使う際は、清潔な肌に薄くつける・粉が舞い上がらないように手のひらに付けて肌を滑らせるように優しく塗るようにしてください。ただ、すでにあせもが出来てしまっている肌にはつけないでくださいね!

あくまでも、ベビーパウダーは予防のため、使ってあげてください。

あせもの予防には、汗をかいたら拭き取る・可能ならばシャワーを浴びる、これが一番確実です。肌を清潔に保つ事が、あせもの予防には大切ですよ。もちろんあせもが出来てしまった際も、汗を拭いたり、洗い流す事があせもを治すためには必要です。

気温が高い時期であれば、水遊びをかねて汗を流してしまうのも良いですね。あせもが出来て、赤ちゃんが痒がってしまっている場合、浴槽(お湯)に浸かるのは避けましょう。体温が高くなると、余計に痒みが増してしまいますよ。

肌を清潔を保つために、汗をかいたら服を着替えさせましょう。一度汗を吸い込んだ服は、次にかいた汗をなかなか吸ってくれません。洋服はなるべく袖のないもの(ノースリーブ)より、なるべく半袖など袖のあるものを着させてあげてください。

ノースリーブだと、脇にかいた汗を吸い取ってくれず、ずっとべたべたした状態になってしまいます。

また、保湿は夏でも大切です。肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が失われ、あせもなどのトラブルの原因になってしまいます。汗をシャワーなどで流した後は、保湿クリームや保湿ローションなどでバリア機能を高めてあげましょう。

そして、気温が高い日はエアコンなどで室温・湿度を調整しましょう。節電は大切ですが、あせもだけでなく熱中症なども怖い時期なので、程々に利用しましょう。

赤ちゃんは寝入ってから2時間程は体温が高くなり、汗を良くかきます。赤ちゃんが眠るタイミングでお部屋をいつもより1〜2℃下げておくと良いですね。授乳の時も同じように体温が高くなりますので、この際も室温を調整しておきましょう。

ドライ機能も上手く活用すると、さらっと涼しく感じられますよ。湿度の目安は、40〜60%です。

 

最後に

赤ちゃんは汗腺が未熟なため、汗をかくことにより汗腺を鍛えてるのですが、かいた汗が肌に残ったままが長く続くと、デリケートな赤ちゃんの肌はすぐにトラブルを起こしてしまいます。

汗をかくことは悪い事ではないのですが、ケアがとても重要なんです。あせもが出来にくいように予防をし、もし出来てしまったら早めにお医者さんに診てもらい、きれいな肌を保ってあげてくださいね。

-5ヶ月の赤ちゃん, 8ヶ月の赤ちゃん, 10ヶ月の赤ちゃん
-, , ,

執筆者:

関連記事

ディズニー英語システムの効果!息子が実際に使用した体験談

2020年に小学校で英語教育が義務化するのをご存知でしょうか。 ここ近年で子供の英語の必要性を感じるママ、パパはすごく増えていますよね。 自分が息子を出産した際に、この子が大人になったとき日本が多国籍 …

赤ちゃんの夏バテの症状や予防法は?離乳食レシピは?

梅雨が明けると急に暑くなり、「なんとなくだるい」「食欲がわかない」など夏バテになる方も多いのではないでしょうか。 赤ちゃんも同じで、「最近機嫌が悪い」「ミルクをあまり飲まない」「離乳食を食べない」など …

あびる優が家事育児に感じた不満に共感!

あびる優が家事育児に感じた不満に激しく共感!

あびる優さんが、世の中のママの言葉を代弁してくれました。 私もママになりもうすぐ5ヶ月ですが、激しく共感しました。 でも、私はパパに言いたいことが他にもあるので、あびる優さんの言葉を拝借しつつ、追加し …

子供の七五三、気になる費用は?着物・着付け・写真代の詳細

毎年11月になると、あちこちでおめかしした七五三のかわいい子供たちを見かけますね。 さて、小さな赤ちゃんがいるおうちの方々もいつかは通る七五三。いっぺんに2人とか3人が七五三というおうちも! ところで …

お月見を子供と一緒に楽しめるグッズとは!?

夏の暑さが和らいでくると、月が一年で最も美しく見える「中秋の名月」がやってきます。 日々仕事や子育てなどに追われて、普段じっくり月を眺める機会なんてほとんどないですよね。 そこで、今年の十五夜は家の照 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!