SoraDanChi

ママブロガーが役立ち情報をご紹介しています

9月行事 10月行事

野菜を安く買う方法とは?価格高騰でも良い品質がほしい!

投稿日:

近年、都市部で「野菜の価格高騰」がめずらしいことではなくなってきました。

夏終わりの台風と秋雨前線とのダブルパンチの日照不足で野菜が採れないとか、冬の低温と乾燥が激しいせいで野菜の成長が止まったとか、そんなニュースをよく目にします。レタスが一玉400円もするとか、ありえない事態も。

お子さんのいる家庭では特に、野菜は絶対に欠かせないものですよね。野菜高騰は本当に頭の痛い事態です。
しかし、年中にんじんやじゃがいも、玉ねぎを買う必要もなければ、冬にきゅうりやナスなどを買う必要はないのです。

野菜の価格が高騰したら、ぜひ旬の安い野菜を求めに地方の直売所を訪れてみてください。

ここでは、直売所とはそもそもどんなものか、品ぞろえ、安さや品質、探し方などについてご案内します。

野菜を安く買う方法:農産物直売所へ行こう!

農産物直売所とは、その周辺で採れた農産物が売られているお店です。JAがやっていたり、道の駅に併設されていたり、形態はさまざまです。
地場の新鮮な農産物が安く買えます。他にも手作りの味噌や漬物、パンなどさまざまなものが販売されています。

道の駅など観光施設に併設された直売所は観光客を相手にしているだけあって、価格が割高なように思えます。なので地元の人がいつも利用するようなお店がおすすめです。

ただ、地元民が足しげく通うお店はみなさん気合を入れて午前中に大量に買い出しに来られますので、午後に来るとほとんど野菜が残っていないなんてこともあり、注意が必要です。

 

野菜を安く買う!直売所の品ぞろえはどう?

直売所は、スーパーのようにいつでも野菜の種類が豊富で、年がら年中にんじん、じゃがいも、玉ねぎがあるような場所ではありません。

地場の旬野菜が安く大量に販売されています。夏だったらなす・きゅうり・かぼちゃだらけですし、冬だったら白菜・長ネギ・大根だらけです。

しかし、たとえば一口にきゅうりと言っても、さまざまな生産者がさまざまな品種を出しています。何に使うか考えながら選ぶのはとても楽しいですよ。

ここからは私の経験ですが、真冬の一番寒い時期でない限りは野菜がないということ自体めったにないように思えます。

ちなみに、真冬で野菜が採れない時期は、地元の野菜を使った手作りの乾物がたくさん並びます。

切り干し大根、割り干し大根、ずいき(里芋の茎)、豆類、干し椎茸などです。特に切り干し大根はとても安いのでスーパーで買うのがバカバカしくなります。この時期に買いだめしておきます。

野菜を安く直売所で買う!実際どんな価格で売られているの?

旬の時期であれば、驚くほど安くなります。

きゅうりは大きいのが6本くらい入って100円とか、規格外品のなすが8本くらいぎゅうぎゅうに袋詰めされて80円というのもありましたね。
形状的にスーパーなどに卸せないものが安く売られているケースもありそうです。でも食べる分には何の不都合もありませんよね。

その他、私の行った場所では、

無農薬きゅうりでも3本100円
朝採りとうもろこし1本130円
キャベツ大1玉100円
かぼちゃ大1玉300円(栗かぼちゃ400円)
白菜大1玉300円
レタス1玉100円
葉つき大根1本100円
じゃがいも(小さいコロコロしたもの)1㎏50円!

と、かなり安く購入できました。

 

時期や生産者によって、並ぶ野菜も価格も変わるので、「何を作るか先に決めて野菜を選ぶ」というスタイルが、「旬の野菜を使って何を作るか決める」というスタイルに変わりました。

また、都市部で野菜高騰の時期があっても、我が家の近所の直売所は価格高騰は特にありませんでした。ごっそり直売所で野菜を買い付けて、段ボールに詰めて東京の知人に送るというお客さんもいたくらいです。(送料くらいは軽く取り戻せそうです)

採れた野菜は普段と変わらない価格、異常気象や真冬などで野菜が採れなければ店頭に並ばない、ただそれだけのことのようです。

無農薬野菜を直売所で買ってみた

農産物にはすべて生産者の名前と連絡先が明記してありますが、正直どのように栽培されているかまで知ることは難しいです。

しかし、生産者の中には「無農薬・無化学肥料であんしん」というのを謳ったシールや、自分の農園を紹介するシールなどを貼っている方もいます。「うちの野菜はおいしいのでこうやって食べてください」とレシピカードを入れて売られている野菜も。嬉しいですね!

全国的に、都市部から地方へ就農される方も少しずつ増えてきているようで、安心安全なものを届けてくださる生産者が増えてきたようにも思えます。

そして何よりも自分の経験から、近所のスーパーで買う野菜よりも直売所の野菜の方が断然新鮮でおいしいという実感があります。

これは最近購入した無農薬にんじんです。

200円は高いと思われるかもしれませんが、にんじんの葉っぱが大量にわさわさとついていたので思わず買ってしまいました。
実はにんじんというのは葉っぱの方が栄養価が高いんですよ!それを考えると、とってもお得です。我が家ではその日の晩、葉っぱをかき揚げにしておいしくいただきました。

 

野菜高騰を楽しく乗り切る!全国の直売所の探し方

全国の直売所を検索できるサイトが色々とあるようですので、お近くの直売所を調べてみてください。

産直ごーごー
JAファーマーズマーケットへ行こう!
グリーン・ツーリズム

個人的には、観光向けの施設に併設していない店舗がおすすめです。
お目当ての直売所が見つかったら、さらにその直売所を検索して個人ブログ、SNSなどで紹介されていないかどうかチェックしてみましょう。

現在どんなものがどんな価格で売られているかなど詳細情報が得られるかもしれません。

 

おわりに

いかがでしたか?

都市部にお住まいの方々、異常気象で野菜の価格高騰が起こっても「高いから買えない」と泣き寝入りしないでください。

ぜひとも休日は地方へ遊びに来て、直売所にも足を運んでみてくださいね!食卓の強い味方になってくれますよ。

-9月行事, 10月行事
-, , ,

執筆者:

関連記事

さつまいもやかぼちゃのホットケーキミックスで作る簡単おやつレシピ

食欲の秋!かぼちゃやにんじん、さつまいもなど、栄養たっぷりの野菜もおいしい季節です。 お子さんへの健康おやつに、日々の子育てをがんばっている自分へのごほうびに、秋が旬の野菜で作るケーキはいかがですか? …

ハロウィンにガーランドを手作りしよう!親子で簡単3選

近年は、ハロウィンにおうちでパーティをするというご家庭も増えてきました。 室内をハロウィンらしくかわいく飾り付けして気分を盛り上げたい!と考えておられる方も多いのではないでしょうか。 この時期になると …

ハロウィン衣装は家で手作りしよう!子どもの創造力を伸ばす方法

ハロウィン衣装は100円ショップでもそろう時代なのですが、やはり気合が入っているなぁと感じるのは手作りの衣装ですね。 大人が気合を入れて準備する衣装も確かに素晴らしいのですが、思い切って子どもたちに任 …

運動会に赤ちゃん連れ!持ち物や服装など必須情報

9月、10月は運動会シーズンですね! 上のお子さんが小学生、幼稚園、保育園で、下のお子さんはまだ赤ちゃん、というご家庭も多いですよね。上のお子さんは、絶対ママにも見に来てほしいはず! 夏の暑さはいくぶ …

さんまはフライパンで焼いて時短を!子供用レシピも公開!

毎年暑さが和らいで涼しくなってくる頃、脂ののった旬のさんまがスーパーに並ぶようになりますね。 近年は不漁の年もあるので、私なんかはニュースでさんまの大漁が報じられると「おおっ、買いに行かねば!」と嬉し …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!