5ヶ月の赤ちゃん 8ヶ月の赤ちゃん 10ヶ月の赤ちゃん 7月行事 8月行事

夏に赤ちゃんが喜ぶ味付けのお粥の作り方

投稿日:

夏もあまりに暑くなってくると、食欲がなくなりますよね。

それは赤ちゃんでも同じです。
さすがに暑さでまったく食べなくなると、ママも心配になってしまいますよね。

そこで、ちょっと塩気などをプラスして栄養も摂れる、夏向けアレンジおかゆを作ってみませんか?意外に食べてくれるかもしれません。

基本的には離乳食中期以降のレシピとなっています。

スポンサーリンク

夏に赤ちゃんが喜ぶ味付けのお粥の作り方:出汁を利用する

夏であっても、赤ちゃんが普段から色々なものを食べてくれているならよいのですが、食べてくれなくなると、少しでも何かから栄養を摂ってほしいと思うものですよね。

ベースになるおかゆそのものも、水ではなくてだしを使って炊けば、ミネラルやアミノ酸などの栄養が摂れます。1回に摂れる量は微量かもしれませんが、毎日続ければものすごい量のミネラル、アミノ酸を摂取できることになります。

継続は力なり!

☆水に一晩浸けておくだけ!おすすめのだし(作りやすい量)

・水…800㏄
・煮干し粉末…6g
・昆布…6g
・(好みで)鰹節や干し椎茸など…ひとつかみ

これらをタッパーなどの容器に入れて冷蔵庫に一晩入れておけば、翌日にはだしが取れています。お好きな時にお好きな量だけ使ってください。

そのまま冷蔵庫で3日くらいは持ちます。

 

夏に赤ちゃんが喜ぶ味付けのお粥の作り方3選

【すりごまと味噌、青じそのおかゆ】

スポンサーリンク

黒ごまには不飽和脂肪酸・ビタミンEなどが豊富に含まれ抗酸化作用があり、昔から不老長寿の薬とも言われてきました。

ごまは栄養価は高いのですが、そのまま食べてもほとんど消化吸収されませんので、すりごまを使いましょう。

☆材料
・すりごま…小さじ1~2
・青じそ…1枚
・月齢に合わせたおかゆ…50~80g程度
・味噌…適量

☆作り方
1.青じそはみじん切りにする。
2.おかゆにすりごまを混ぜ、味をみながらほんのり塩気を感じる程度に味噌を混ぜる(塩でもよいです)。
3.仕上げに青じそを乗せる。

 

【梅しそとささみのおかゆ】

梅に青じそ、ささみの組み合わせは食が進みます。
大人も「ささみの梅しそ焼き」や「梅しそささみの春巻き」などは夏に食べたいおつまみですよね!

☆材料
・梅干し…1個(全て使うわけではありません)
・青じそ…1枚程度
・ささみ…1/4本程度
・月齢に合わせたおかゆ…50~80g程度

☆作り方
1.ささみはゆでて、食べやすい大きさにほぐしておく。
2.梅干しを包丁でたたいてペースト状にする。
3.味をみながらおかゆに1を少しずつ入れて、うっすら酸味と塩味をつける。
4.3にささみを混ぜる。
5.青じそをみじん切りし、仕上げに適量乗せる。

 

【とうもろこしのおかゆ】

とうもろこしは夏が旬です。
朝採りのとうもろこしがあれば、ぜひ作ってみてください。

普段のコーン缶ではなく、とうもろこしの本当の甘みに塩をほんのりきかせたおかゆなら、暑さで食欲の落ちた赤ちゃんも、喜んで口を開けてくれるかもしれません。

☆材料
・ゆでとうもろこし粒…大さじ2~3程度
・月齢に合わせたおかゆ…50~80g程度
・塩…適量

☆作り方
1.ゆでたとうもろこし粒を、すり鉢で細かくする。
2.おかゆに1を混ぜる。
3.塩少々で調味する。目安は、とうもろこしの甘みが引き立つまで。

ここに豆腐を足すと、タンパク質も摂れるのでいいですよ。

 

おわりに

いかがでしたか?

普段のおかゆも、ちょっと何かをプラスすることで、食べやすくなったり栄養がプラスされたりします。

「赤ちゃんは薄味で」とか言われますが、私の経験上、大人ほどではないにせよ赤ちゃんも多少の塩気があった方が食が進むものです。

赤ちゃんだから味なんてつけなくていい、ではなくて、必ず自分が食べてみて若干薄味だけどほんのり塩気とうまみがしっかり感じられることが大切です。

ぜひ一度お試しください!

スポンサーリンク

-5ヶ月の赤ちゃん, 8ヶ月の赤ちゃん, 10ヶ月の赤ちゃん, 7月行事, 8月行事
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

とびひは夏に赤ちゃんに多くうつる!?症状や治療予防について

スポンサーリンク 赤ちゃんのおむつかぶれ、虫さされ、小さな傷などから細菌感染し、そこから水泡がどんどん周辺の皮膚に広がっていく病気、「とびひ」をご存じですか? 高温多湿な夏場に特に注意したい赤ちゃんの …

夏は赤ちゃんの食中毒に注意!予防と対処法について

スポンサーリンク 日本の夏は、暑くてじめじめして本当に過ごしにくい季節ですね。 しかし、食中毒菌にとっては繁殖するのに最も適した季節です! いったん食中毒にかかると、下痢や嘔吐で大人でさえ辛いものです …

気になる汗の臭いの原因と効果的な対策

スポンサーリンク 暑くなると汗の臭いが気になりますね。 電車や会社など人がいる場所では、自分自身の臭いが人に臭っているのではと、更に不安になる方も多いのではないでしょうか。 体温調節の為に必要な汗です …

赤ちゃんの便秘は夏に多い!?原因は母乳かも?

スポンサーリンク 夏は便秘になってしまう赤ちゃんが少なくないのをご存じでしょうか? 確かに汗をいっぱいかくので、赤ちゃんの体の水分が少なくなるからかな?くらいはなんとなくわかるのですが、実際便秘になっ …

夏の赤ちゃんの授乳を快適にする汗・暑さ対策7選

スポンサーリンク 夏場の授乳は、ママにとっても赤ちゃんにとっても暑くて仕方のない、汗だくの時間です。 いくらエアコンを使っているとはいえ、ぴったりお互いが密着しているのですから、暑いのは当たり前ですね …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

ブログランキング応援よろしくお願いします!